« 親善試合「日本vs.クロアチア」実現か? | トップページ | U-21代表フィリップ・マルチッチ、ハイドゥクへ »

2005年7月12日 (火)

ベルーポ、ヴァルテクスともにインタートトカップ3回戦へ

safaric 10日、インタートトカップ2回戦第2戦が行われました。

初戦をホームで3-2と勝利したスラヴェン・ベルーポはルーマニアのグロリア・ビストリアと対戦。試合序盤はグロリアに何度も決定機を迎えられますが、20分辺りからベルーポも互角にチャンスを作り出します。後半からはベルーポがペースを握り、66分、シャラノヴィッチが俊足のカラボグダンにパスを通すとエリア内でGKが倒してしまってPK。これをムサが決めてベルーポが先制します。このままグロリアは反抗することなく、アウェーで1-0の勝利。3回戦ではデポルティーボ・ラコルーニャと対戦します。

初戦をホームで4-3と勝利したヴァルテクス・ヴァラジディンはフィンランドのインテル・トゥルクと対戦。ヴァルテクスはこれまで6得点のFWベンコ、ボスニア代表MFハリロヴィッチを累積警告で欠き、厳しい戦いが予想されました。15分にペトレスクのFKからカメルーン人FWヌガルにヘディングシュートを決められて先制されますが、27分、ムヤノヴィッチの右サイド突破からのクロスにFWヨリッチが合わせて1-1。サイドを制したヴァルテクスが優勢に試合を進めますが、54分にシャファリッチ(写真)がエリア内で倒れたのがシミュレーションとされ、2枚目のイエローで退場。その4分後にはまたしてヌガルにヘディングシュートを決められ2-1となります。このまま2回戦敗退と見られたロスタイム、イェルテツのFKをGKが弾いたところを途中交替のモホロヴィッチが押し込んで2-2。ヴァルテクスはこれで2回戦突破を決めました。3回戦はフランスのランスと対戦します。

いずれも強豪相手ということで国内では注目のカードとなります。
初戦は今月16日or17日、第2戦は23日or24日に予定されています。

|

« 親善試合「日本vs.クロアチア」実現か? | トップページ | U-21代表フィリップ・マルチッチ、ハイドゥクへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/4935592

この記事へのトラックバック一覧です: ベルーポ、ヴァルテクスともにインタートトカップ3回戦へ:

« 親善試合「日本vs.クロアチア」実現か? | トップページ | U-21代表フィリップ・マルチッチ、ハイドゥクへ »