« ヴァトレニの現在。 | トップページ | クロアチア・リーグ第2節 »

2005年7月30日 (土)

インテル、ズベズタと対戦

7月29日、ニヨンでUEFAチャンピオンズ・リーグ予備戦3回戦とUEFAカップ予備戦2回戦の組合せ抽選が行われました。

チャンピオンズリーグでは2回戦のハイドゥク・スプリトvs.デブレチェンの勝者がマンチェスター・ユナイテッドと対戦することが決定。しかしながらハイドゥクは先のデブレチェンでの試合で0-3と負けており、望みは随分と薄いものであります。ミロスラフ・ブラジェヴィッチ監督は
「マンチェスター・ユナイテッドに関しては私を放っておいてくれ。それより前にザグレブとの対決に神経を集中している。私はスケジュールに沿って階段を一歩一歩上がることに慣れているんだから。つまり、まずはザグレブ戦、そしてデブレチェン戦、もし神様が許すのならマンチェスター戦だ。もちろん、赤い悪魔と対戦はしてみたい。もしかしたら彼らにとって我々が"黒い悪魔"となるかもしれないけどね」
とコメントを残しています。

grb-inker またUEFAカップ予備戦2回戦では、昨季2位のインテル・ザプレシッチがセルビア・モンテネグロのツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター・ベオグラード)と対戦することとなりました。ユーゴ崩壊後、初めてズヴェズダはクロアチアで試合を行うこととなります。インテルのディレクター、ブランコ・ラリャク氏は
「もっとも難しい(南東欧)カテゴリーに所属しているわけだが、ズベズダ以上の相手は得ることは出来ないと思う。他のチームはアトラクティブな対戦相手ではないし、我々にとって遠征費用も天文学的に高くついてしまうわけだからね。ズベズタ相手に結果が残せることを望む権利も我々にはあると思っている。」
とコメントを残しています。よりキャパシティのあるザグレブのマクシミール・スタジアムで開催する話はあったものの、ラリャク氏はこれまでの努力のご褒美としてこの試合があると考えており、金銭面にとらわれずにザプレシッチ市民にこの機会を提供すべきだ、ということでホームの小さなスタジアムで開催する考えです。もしズベズダ側がサポーター(デリエ)を送り込むことを許すのならば、国境からスタジアムまでの移動に警官隊の保護を付けた上に、スタジアムのセキュリティを強化することで対応するそうです。またスレチコ・ボグダン監督は
「ズベズダは欧州王者、世界王者として偉大な伝統を持ったクラブだ。しかし、もう諦めるというわけではない。この試合はクロアチア国内でも大きな関心を集めるだろうし、インテルが少なくともその間は関心の中心にいられることを嬉しく思う」
とコメントしています。
またズベズダの新会長ドラガン・ストイコヴィッチは
「我々の目標はUEFAカップのリーグ戦に参加することだ。ザプレシッチが私たちのその道を止めることはないと確信している。」
と語り、インテル・ミラノでGKとしてプレーしていた新監督ウォルター・ゼンガは
「クロアチアにもインテルというクラブがあるというのは聞いたことがあった。よってクラブ名は私にとって驚きではない。インテルのプレーも私を驚かすことはないだろう。ヨーロッパでは大きなクラブも小さなクラブといった区分けはもう存在しない。あり得る結果について話す状況に今の私はないよ」
とコメントを残しています。ニヨンの抽選会場では既に両者のクラブがここ最近の試合のテープを交換、またそれぞれのリーグ戦の試合に偵察を送り込むこととなっています。

またリエカはブルガリアのリテックス・ロヴェツと対戦が決定しています。第1戦は8月11日、第2戦は8月25日に予定されており、インテルは第1戦、リエカは第2戦がホームで行う予定です。

アルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスは現在、アムステルダムでトーナメント戦に参加しておりますが、ボカに所属するFW/MFダニエル・ビロス(24)にクロアチア代表監督ズラトコ・クラニチャール、サッカー協会会長ヴラトコ・マルコヴィッチ、事務総長ゾリスラフ・スレブリッチのトップ3人が面会しました。オフにはディナモが獲得を目指していたビロスはクロアチア人の血を引いており、アルゼンチンを訪れたクラニチャール監督が彼のプレーに一目惚れ。以降はクロアチア代表に入るようラブコールを送っておりました。初めての面会での印象はまずまずだったようで、ビロスは10日後にクロアチア代表に入るかどうか決断を下すようです。デビューは8月17日のブラジル戦となるわけですが、もしこの機会を逃すならばドイツ・ワールドカップまではこれまで戦ってきたメンバーを配慮した上で召集はないと語っています。ピロスは194cmの長身ながらボールキープとテクニックに優れたアタッカーですが、ボカでは左MFをやっているように中盤としてプレーも可能です。

|

« ヴァトレニの現在。 | トップページ | クロアチア・リーグ第2節 »

コメント

こんばんは。大変ご無沙汰しております。
ズヴェズダがインテルと当たるということで、TBさせていただきました。
ペツェリの消息もわかって嬉しいです。(彼の兄も同じチームにいると聞きましたが?)
また度々お世話になると思いますが、よろしくお願いします。

投稿: ゆずる | 2005年7月30日 (土) 23時33分

>ゆずるさん
ご無沙汰しております。TB有難うございました。

土曜日にインテルのスタジアムで試合撮影をしてきたのですが、「ズヴェズダ」の名前がスピーカーから出るだけで観客が反応してました。といっても、観客は700人ぐらいでしたが(苦笑)

スルジャン・ペツェリは組合せが決まってからベオグラードのジャーナリストからチームへの質問で電話がばんばん掛かっているそうです。既に彼はUEFAカップ後に国内のビッククラブ(ハイドゥク?)か国外のクラブに移籍するとのこと。また弟のミリャン・ペツェリ(26)は190cmの長身FWでして、昨季にBiHのレウタールから移籍してきました。

ちなみにインテルvs.ズヴェズダのチケットが100クーナ(約1900円)、普段が40クーナですから倍以上ですね。またズヴェズダ・サポ用には500枚のチケットを用意しているそうです。デリエのフォーラムでは「ザプレシッチって何処? どんなサポーターがいるのか?」なんて質問が飛び交っていたとのこと。サポーターは「ディブリャ・スビニャ(猪)」という名前なんですけど、30人ぐらいですかね。あと今季はヨーロッパ遠征のないBBBが、てぐすね引いてデリエを待ち構えているみたいですけど...(苦笑) 
この試合はカメラマン申請しているので、恐怖体験をすることになりそうです^^;

あと気になるのはドマゴイ・アブラモヴィッチがいるシロキ・ブリイェグがゼータと対戦しますよね。こちらの方も、クロアチア人vs.セルビア人なので熱くなるかもしれません。

投稿: 長束恭行 | 2005年8月 1日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/5231700

この記事へのトラックバック一覧です: インテル、ズベズタと対戦:

» UEFAカップ予選2回戦ドロー [YU YU FOOTBALL LOG]
CL予選2回戦ドローが決まりました。 ズヴェズダはクロアチアのインテル・ザプレシッチ、 OFKはブルガリアのロコモティフ・プロヴディフ、 ゼータはボスニア・ヘルツェゴヴィナのシロキ・ブリェグと対戦します。 インテル・ザプレシッチには元ズヴェズダのスルジャン・ペツェリが 在籍していましたが、今季もいるのでしょうか…。 清水エスパルスにも2002年に在籍していましたね。 追記: 長束さんの「クロアチア・サッカーニュース」によると今季も在籍の模様。 (リーグ戦で得点していまし... [続きを読む]

受信: 2005年7月30日 (土) 23時21分

« ヴァトレニの現在。 | トップページ | クロアチア・リーグ第2節 »