« クロアチア・リーグ第4節 その1 | トップページ | 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 »

2005年8月15日 (月)

クロアチア・リーグ第4節 その2

da_silva 14日、クロアチア・リーグ第4節の残る2試合が行われました。

ディナモ・ザグレブはアウェーでインテル・ザプレシッチと対戦。ヨシップ・クジェ新監督は早くにチームの骨格を整え上げ、昨年とは違ってディナモは得点力あるチームとなりました。インテルは木曜日にUEFAカップでツルヴェナ・ズヴェズダとの試合をしたばかりであり、ホームで試合をするとはいえ、ザグレブ近郊のためにスタンドの8割近くはディナモ・サポーターに覆われました。ズヴェズダ戦以上の観客が集まり(約5000人)、チケットなしでスタンドに入ろうとしたBBBが暴れ始めましたが、直ぐに警察隊に鎮圧されました。スタジアム周囲の柵や建物の屋根にはタダ見しようとする近所の人々とBBBが群がるほど、今季のディナモへの期待は強いようです。
試合はディナモの一方的な展開となりました。ボシュニャク、ダ・シルヴァ、モドリッチ、ミトゥによる攻撃力は圧巻で、13分にインテルDFのクリアボールが誤って背後にいったところをダ・シルヴァがボレーシュートを決めると(写真)、20分、モドリッチが20mの距離からミドルシュートを決めて2-0。32分には右サイドでボールを受けたダ・シルヴァをDFがエリア内で倒してしまってPK。しかしキッカーのボシュニャクは左ポストにぶつけてしまいます。インテルはほとんどチャンスを作れることなく、ロスタイムにはDFチョルルカがモドリッチの左CKをヘディングでシュートを決めて3-0とディナモがリードを広げます。チョルルカもモドリッチも昨季はインテルでプレーしていたディナモ・ユース出身の選手です。
後半48分にはDF二人をかわした上でエリア内に侵入したダ・シルヴァが倒されてPK。今度はボシュニャクがきちんと決めて4-0。52分にはマミッチから横パスを受けてフリーとなったダ・シルヴァが狙い済ましてシュートを決め5-0。70分にはボシュニャクがヘディングで競り合ったボールを受けたダ・シルヴァがGKミシュコヴィッチをあざ笑うかのようなループシュートを決めて6-0。スタンドと柵の外の観客はお祭りのようにディナモの圧勝に盛り上がりました。

またもう一試合のオシエクvs.リエカ(国営放送で生放送)は15分にリニッチの右CKをイヴァンチッチがヘディングシュートを決めてリエカが1-0で勝利しています。

Inter Zapresic - Dinamo Zagreb 0-6
13' 0-1 Da Silva
20' 0-2 Modric
45' 0-3 Corluka
48' 0-4 Bosnjak (PK)
52' 0-5 Da Silva
70' 0-6 Da Silva

Osijek - Rijeka 0-1
15' 0-1 Ivancic

【順位】
1位…ヴァルテクス・ヴァラジディン(勝点12)、2位…ディナモ・ザグレブ(9)、3位…ハイドゥク・スプリト(9)、4位…リエカ(7)、5位…インテル・ザプレシッチ(6)、6位…ザグレブ(6)、7位…オシエク(6)、8位…カメン・イングラッド(4)、9位…メヂムリェ(3)、10位…チバリア・ヴィンコヴチ(3)、11位…プーラ・スターロ・チェシュコ(2)、12位…スラヴェン・ベルーポ(2)

【得点ランク】
1位…4得点 クラニチャール(ハイドゥク)、シャファリッチ(ヴァルテクス)、ダ・シルヴァ(ディナモ)
2位…3得点、ブシッチ(ハイドゥク)、クルパン(リエカ)、プルピッチ(リエカ)、ヨリッチ(ヴァルテクス)、ボシュニャク(ディナモ)

出場機会を求めてユベントスからの移籍を希望している代表DFイゴール・トゥドールですが、モナコが関心を示していると報じられています。モナコは今年、センターバックのユリエン・ロドリゲスをグラスゴー・レンジャースに売却したため、デシャン監督は彼の代わりになる選手を探しており、トゥドールの名前が挙がっているようです。

ハイドゥク・スプリト所属の代表MFニコ・クラニチャールにオーゼールが関心を示していると、フランスのFoot Trasferts誌が書いております。現在は副会長となった元オーゼール監督ギ・ルー氏がとりわけクラニチャールを評価しているらしく、このオフにも移籍させることを希望していたそうです。また同誌はリヨンもクラニチャールを以前に興味を示していたと報じています。ちなみにオーゼールには父ズラトコ・クラニチャールとディナモでコンビを組んでいたマルコ・ムリナリッチという名プレーメーカーが在籍したことがあり、ムリナリッチはローラン・ブランやエリック・カントナと並んでオーゼール史上最高の選手20人の一人に選出されています。

昨季まではディナモ・ザグレブでプレーし、今年1月からは所属クラブがなかったDF/MFダリヴォール・ポルドルガチュがスラヴェン・ベルーポと2年契約を結んでいます。ポルドルガチュは8年前にもベルーポでプレー経験があります。

|

« クロアチア・リーグ第4節 その1 | トップページ | 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 »

コメント

トゥドールはユーベに戻ったものの、やはり出場機会はないのですね…。
コバチとのコンビを楽しみにしていたのですが…。
しかし、モナコならCLにも出場できるので、もしそちらの方が彼がスタメンとして活躍できるのであれば、是非移籍してもらいたいです。

クラニチャールの移籍話は尽きないですね。
非常に楽しみです。

投稿: ふぃ~ばぁ~。 | 2005年8月15日 (月) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/5474218

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア・リーグ第4節 その2:

« クロアチア・リーグ第4節 その1 | トップページ | 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 »