« 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 | トップページ | 「クロアチアvs.ブラジル」取材記 »

2005年8月19日 (金)

オリッチ、十字靭帯損傷で全治6ヶ月

olic ブラジルとの親善試合で代表FWイヴィツァ・オリッチ(写真)がルシオと交錯して負傷退場しましたが、検査の結果、左足十字靭帯の損傷で少なくとも半年はプレーできない模様です。オリッチは昨季も怪我で半年近くを棒に振って、復帰後は代表でレギュラーの座を再び確保していたところでした。

8月23日にマクシミール・スタディオンで、クロアチアリーグ選抜(T-Com Croatia team)対バイエルン・ミュンヘンの試合が行われますが、18日、この試合で選抜チームを率いるトミスラフ・イヴィッチ監督がメンバー22人を発表しました。ドイツのT-ComがCroatia Telecomを買収し、それがクロアチアリーグのスポンサーであることから実現する試合ですが、収益はユニセフに募金されることとなっています。アシスタント・コーチは元ディナモ監督のニコラ・ユルチェヴィッチ、またキャプテンはディナモのゾラン・マミッチが選ばれています。

GK:
Ivan Turina (Dinamo), Marin Skender (Osijek)

DF:
Zoran Mamic(Dinamo), Bostjan Cesar(Dinamo), Vedran Corluka(Dinamo), Dino Drpic(Dinamo), Ivica Vrdoljak(Zagreb), Mario Cutura (Zagreb), Josip Milardovic(Osijek), Neven Vukman(Varteks)

MF:
Dumitru Mitu(Dinamo), Luka Modric(Dinamo), Niko Kranjcar(Hajduk), Srebrenko Posavec(Varteks), Nikola Safaric(Varteks), Senijad Ibricic(Zagreb), Mario Brkljaca(Zagreb)

FW:
Ivan Bosnjak(Dinamo), Eduardo Da Silva(Dinamo), Mladen Bartolovic(Zagreb), Leon Benko(Varteks), Karlo Primorac(Osijek)

|

« 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 | トップページ | 「クロアチアvs.ブラジル」取材記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/5537440

この記事へのトラックバック一覧です: オリッチ、十字靭帯損傷で全治6ヶ月:

« 親善試合「クロアチアvs.ブラジル」 | トップページ | 「クロアチアvs.ブラジル」取材記 »