« イヴィツァ・オシムのインタビュー記事 | トップページ | クロアチア、アイスランドに逆転勝利 »

2005年9月 2日 (金)

アイスランド戦のクロアチア代表スタメン

balaban 9月3日、アイスランドとのワールドカップ予選の試合(現地時間18時05分キックオフ/クロアチア時間20時05分/日本時間4日3時05分)がレイキャビクにて行われます。1日にクロアチア代表一向はザグレブから旅立ちました。
合宿当初は怪我人と病人が目立ち、レンジャースで一週間で3試合をプレーしたため膝の状態が悪化したプルショを始め、ブティナが風邪、スルナが気管支炎、コヴァチ兄とシェーリッチが手の怪我、またコヴァチ弟は合宿中にアキレス腱を痛めたのですが、それぞれ3日の試合には間に合うものとされています。
スタメンは既に明らかになっています。膝の十字靭帯損傷で全治6ヶ月のオリッチに代わるFWとしては代表ではクラスニッチより好調なバラバン(写真)を起用。またアイスランドは長身FWに目掛けてのロングボール攻撃はないことから、マンマークに強いトマスに代えて、動きのより速いシミッチを起用することをクラニチャール監督は明言しています。また、もしコヴァチ弟の治療が間に合わない場合はトキッチをリベロで起用。MFのポジションに定着したトゥドールを敢えてDFに戻す考えはないと語っています。スタメンは以下のようになります。
GKブティナ-(右から)DFシミッチ、コヴァチ弟、シムニッチ-MFスルナ、トゥドール、コヴァチ兄、バビッチ-クラニチャール-FWプルショ、バラバン

元クロアチア代表MF/FWダヴォール・ヴグリネツ(30)が、移籍期限ぎりぎりにリエカと契約を結びました。背番号は30となっています。昨季にヴグリネツはセリエBのカターニャでプレーしていました。

一時はハイドゥク・スプリトへの移籍が確定とされたスラヴェン・ベルーポ所属FWイゴール・カラボグダン829)ですが、ベルーポの会長が移籍を拒否したため流れてしまいました。ハイドゥクはルマン所属のFWズボニミール・デラニャを引き戻そうとしたものの、こちらも失敗しています。

インテル・ザプレシッチに所属するDFスルジャン・ペツェリ(30)がオーストリア一部のアドミーラに1年契約で移籍することとなりました。清水エスパルスに在籍したこともあるペツェリは、UEFAカップ敗退後に国外移籍する事前約束をクラブと結んでました。アドミーラには元代表MFのネナド・ビエリツァとニーノ・ブーレが所属しています。

ヴァルテクス・ヴァラジディンに所属するU-21代表MFゴラン・ムヤノヴィッチ(22)がベルギー一部のリエーセに移籍しました。契約は3年とされています。

|

« イヴィツァ・オシムのインタビュー記事 | トップページ | クロアチア、アイスランドに逆転勝利 »

コメント

試合は楽しみですね。

プルソは好調を保っているみたいなので、活躍に期待してたいです。
クラスニッチもブレーメンでは非常に好調みたいなので、代表でもその力を発揮してもらいたいです。

ワールドサッカーキング(09.15号)にボバンのインタビュー記事が掲載されています。

投稿: ふぃ~ばぁ~。 | 2005年9月 3日 (土) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/5747445

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド戦のクロアチア代表スタメン:

» T君の来日#2 [クロアチアからはじめよう]
T君が初めて来日したのは、2002年のワールドカップの時でした。 一人ではるばるクロアチアからやってきて、横浜のあるお宅にホームステイし、その模様は日本のテレビのニュース番組... [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 15時47分

« イヴィツァ・オシムのインタビュー記事 | トップページ | クロアチア、アイスランドに逆転勝利 »