« もう一つ、ボスニア国内紙のオシムのインタビュー | トップページ | メディアで紹介されるクロアチア代表 »

2005年12月10日 (土)

ワールドカップの対戦相手決定

9日、ドイツのライプチヒにて06'ワールドカップ抽選会が行われました。
クロアチアはグループFでブラジル、オーストラリア、そして日本と対戦することとなりました。

P1080272 抽選会後にクロアチア代表のズラトコ・クラニチャール監督(写真)は国営放送のインタビューで
「グループに不満ということはない。充分に良いグループだと思っている。
グループには一つの本命が入ってくるものと予想されたが、それは紛れもなくブラジルだ。ブラジルとは親善試合(8/17、結果は1-1)で彼らと対戦したことがきっと役立つことだろう。オーストラリアはプレーオフを通過してきた国であり、日本とはフランス大会の時に対戦している。不満になる必要性はないだろうし、私は個人的に満足している。」
と周囲の"厳しいグループに入った"という考えとは違った楽観的な意見を述べました。

更にクラニチャール監督はこのように語っています。
「我々が予選でスウェーデンやブルガリアよりも上位になったことを考えれば、本大会で決勝トーナメントに進める権利があるといえるだろう。満足しているよ、なぜなら強いグループに入ったからね。ベルリンでのブラジル戦は一大スペクタクルになるだろうし、このような偉大な相手と初戦で対決する以上の満足感などはないよ。選手、サポーター、モチベーションを信じている。楽なグループなどはないとはいえ、私はこのグループに満足しているよ。
もしオーストラリアを恐れる必要があるのならば、こちらに何か問題がある時だ。オーストラリア代表に多くのクロアチア人がプレーすることを抜きにしても、クロアチアの方がオーストラリアより強いだろう。我々はオプチミストだ。我々が自分のプレーに徹したならば、オーストラリアの方が我々についてしっかり考えなければならないと私は思っている。
日本も対戦相手としてはOKだ。しかし日本戦が鍵となる試合になってはならないが、(オーストラリア戦と日本戦の)二試合が我々にとって決勝トーナメントへの門戸を開くこととなるだろう。」

グループリーグの試合は以下のようになっています。
6月13日 ブラジル (ベルリン)
6月18日 日本   (ニュルンベルグ)
6月22日 オーストラリア (シュトゥットガルト)

|

« もう一つ、ボスニア国内紙のオシムのインタビュー | トップページ | メディアで紹介されるクロアチア代表 »

コメント

やぁ~日本の対戦相手にクロアチア、来ましたねぇ~
長束さんが取材される側になるでしょうね、(笑)

投稿: チコ ベルッチ | 2005年12月10日 (土) 10時01分

今週末あたりテレ朝が前に取材したクラニチャール監督映像を再利用しそうな気がします。
前回あまりに短かったのでもっと長いバージョンでお願いしたいです。
ジーコも超オプティミストで優勝狙うって言ってた。もっと地に足付いた現実的なコメントするといいんですがねぇ。神様だから仕方ないのか・・

投稿: bella | 2005年12月10日 (土) 10時36分

はじめまして。
日本と対戦することになったクロアチア。
これから国内でも関心が高まると思います。
これからも楽しみに拝見させていただきます。

投稿: MF | 2005年12月10日 (土) 12時38分

初めまして。TBさせて頂きました。
98年W杯でクロアチアのサッカーに魅せられ、
それ以後もチェックしてきました。

日本と再戦で俄然、注目が集まってきましたね。
これからも「生の情報」を楽しみにしています!

投稿: マルク | 2005年12月11日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/7548981

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップの対戦相手決定:

» W杯2006・1次リーグ組み合わせ決定! [バルセロ二スタという職業 ]
来年6月に迫ったW杯ドイツ大会・1次リーグの組み合わせ抽選会が行われました。なんと、日本代表はブラジル代表と同組!そしてクロアチア、オーストラリア! コンフェデに続いて [続きを読む]

受信: 2005年12月11日 (日) 21時37分

« もう一つ、ボスニア国内紙のオシムのインタビュー | トップページ | メディアで紹介されるクロアチア代表 »