« オシムのグループ予想 | トップページ | トミスラフ・マリッチのインタビュー »

2005年12月14日 (水)

パナディッチのインタビュー

PANA昨日、元名古屋グランパスDFのアンドレイ・パナディッチにインタビューする機会があり、ワールドカップの日本vs.クロアチア戦の彼の考えを聞きました。1990年にはユーゴ代表の一員としてワールドカップに出場。また1993年にクロアチア代表の一員としてジーコが所属した鹿嶋アントラーズと対戦し、それから2003~2004年とJリーグでプレーした経験から 日本サッカーの発展を身を持って知っている人物であります。

-まず日本とクロアチアが一緒になったグループFについて
「この抽選結果はクロアチア、日本、オーストラリアいずれにとっても難しいものとなった。選手のクオリティの面では、多くが有名クラブに所属するクロアチアに分があるが、忘れてはならないのはワールドカップというのは特別なモチベーションがある大会だ。誰もがサプライズを起こせる。私は日本サッカーのクオリティを知っており、日本はこのような大会での適応力を持っている国だろう。」

-Jリーグでのプレーから、日本サッカーの変化は感じたか?
「あらゆる面で間違いなく進歩を遂げた。テクニック、戦術、個人技といったね。93年は鹿嶋に大差で勝利したが(結果は8-1)、もし今やったら難しい試合となっただろう。あのような大差にはならないはずだ。それだけ日本サッカーは発展しているよ。」

-今の日本代表については?
「98年ワールドカップで日本とクロアチアは対戦したが、ナントでの暑い条件でクロアチアは問題を抱え、シュケルのゴールでかろうじて勝利した。今の日本は中村、稲本、高原そして中田といった個人能力の高い選手がおり、またカリスマのあるジーコ監督がいる。危険性? 彼らはフィジカル面も進歩しており、日本の走力はクロアチアだけでなくブラジル、オーストラリアもてこずらせるだろう。日本はサプライズを起こせるチームだ。日韓ワールドカップでもポジティブな印象を与えており、実力が伸びているのは間違いないよ。」

-実際に日本に滞在して、日本人選手の印象は?
「彼らは早く学ぶし、そして学ぼうという姿勢がある国民だ。外国から経験ある指導者がそれに磨きを掛けている。グランパスに在籍している時にオランダ人コーチが指導するユースチームの子供たちを見たが、日本にはタレントを持った多くの子達がいた。全ては思い出せないが、ガンバにもユース出身の素晴らしい選手がいたし、どのクラブにも優秀な選手を育てているはずだろう。日本サッカーの将来性は明るく、努力を重ねれば更に上へと行くはずだ。」

-現在のクロアチア代表についての印象は?
「クオリティが高く、安定性のあるチームだ。膝の問題は抱えているとはいえ、グラスゴー・レンジャースのFWプルショがキーマンだろう。これだけよく動くFWは現代サッカーに必要だ。彼はキープ力に長け、彼が前線でボールをキープしている間に他の選手が攻撃参加することが可能となる。そして右サイドで突破力のあるスルナ。GKのブティナはきちんと任させた仕事をこなせる。まだまだコヴァチ兄弟、クラニチャール、シムニッチといった多くの好選手がいる。私はDFの選手だからいうわけではないけど、クロアチアのチームの安定性はDF陣にあるよ。そしてこれが必要となれば、そのプレーができるチームだ。」

-成功を収めた1998年のクロアチア代表、また貴方のいた1990年のユーゴ代表と比較すると?
「世代交代をしたとはいえトレーニング方法の変化もあって、今の選手達はスピードやテクニック、戦術面などに長けている。また、今のクロアチア代表は相手によって戦術を変えるのではなく、戦術が一貫して相手に合わせさせるチームだ。かつてのユーゴ代表に関してはいえば、あらゆる才能が集結した最高にクオリティのあるチームだった。しかしそれは1990年に通じたクオリティであり、現代表は2005年に通じるクオリティを持っていると思うよ。」

|

« オシムのグループ予想 | トップページ | トミスラフ・マリッチのインタビュー »

コメント

毎日のようにW杯プレ情報ありがとうございます。しかも今回はパナだし!しかも直接インタビュー、貴重すぎ凄すぎ!お忙しいのに頭が下がります。
ガンバのユース出身選手って大黒とか二川のこと言っているんでしょうか?
さすがよく見てますね。
パナも言っているけど今の代表を15年前のチームと混同してはいけないですよね。
日々変化を遂げているから人はサッカーから離れていかないのだと・・

投稿: bella | 2005年12月14日 (水) 18時08分

長束さん、パナのインタビューありがとうございます。パナはクロアチア代表として93年に鹿島とも戦ってたんですね。

ところで現在グラスゴーレンジャーズのプルショは最近日本のサッカー雑誌では「ペルショ」と表記されるようになりました。最初この表記で見た時ペルショって誰やねん!って思ってしまいました(笑)彼がまだモナコにいた頃はプルソとかプルショと表記されていたのですが。
クロアチア語ではプルショでいいんですかね?

投稿: みさ | 2005年12月14日 (水) 22時51分

いつもありがとうございます。
パナのインタビューは直接なんですね♪
パナのスポーツ施設は完成したのかな?

12日の報道ステーションはちょこっとニコ・クラニチャルが出ていましたよ。

投稿: チコ ベルッチ | 2005年12月15日 (木) 22時28分

>みささん
「ペルショ」ですか(苦笑)
やはりプルショが正しいですよ。クラニチャールの表記も色々と変化しているみたいですね。外国語を正確に日本語表記するのは必ず問題が出るのは当たり前で、これで論争になっても仕方ないんですけどね^^;

>チコ・ベルッチさん
パナのインタビューは直接やっていますが、テレビ撮影もしておりますので流れる可能性はありますよ。スポーツ施設は既に完成してますが、フットサルの人工芝ピッチに新たにドームをつけるそうです。スポーツセンターのカフェには名古屋グランパスの写真やマフラーもありますよ。

投稿: 長束恭行 | 2005年12月18日 (日) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/7617588

この記事へのトラックバック一覧です: パナディッチのインタビュー:

« オシムのグループ予想 | トップページ | トミスラフ・マリッチのインタビュー »