« クロアチア・リーグ再開/クジェの日本評 | トップページ | 対アルゼンチン戦のクロアチア代表メンバー発表 »

2006年2月14日 (火)

クロアチア・ダービーはディナモが制す

133回目となる「クロアチア・ダービー」、ハイドゥク・スプリト対ディナモ・ザグレブが12日、スプリトのポリュウド・スタジアムで行われました。この試合は昨年12月3日に予定されていたものですが、大雨によるピッチコンデション不良で試合直前に延期が決定。ハイドゥクとディナモのサポーターの対立が激しく、セキュリティ面の再準備には時間を要することから、2ヶ月余りのウィンターブレーク空けに仕切り直しとなってました。私もカメラマンとしてこの試合を撮影してきました。

この日は冷たい山風が吹き荒れる悪天候だったため、2万人の観客に留まりましたが、ディナモ・サポーターも警察の同伴のもと約2000人がザグレブから遠征してやってきました。常にフーリガニズムが問題となるこの試合ですが、今回も例に漏れず、約150人が警察に連行、70人前後が逮捕されています。

nikoこのダービーはスプリトで実に14ヶ月ぶり。またハイドゥクの司令塔のニコ・クラニチャール(写真・右)が初めてスプリトで古巣ディナモとの対決となります。まだ移籍劇を根に持つBBBは「デブな豚」という彼への中傷のコールを試合でも繰り返しました。

開始からアウェーのディナモがゲームを支配。2分には左サイドでフリーとなったダ・シルバがシュートチャンスを迎えるもタイミングが合わず。10分にはモドリッチがドライブを掛けたミドルシュートを放つが、代表GKのプレティコサがパンチングで逃れます。ハイドゥクはクラニチャールを中心に攻撃をしかけたいものの、新加入のFWエルツェグとチミロティッチはヘディングを得意とする選手であり、パッサーのクラニチャールとは今ひとつかみ合わないません。クラニチャール本人も動きが重く、ディナモ守備陣の執拗なマークにいらつきました。一方的にディナモが攻め込む中、前半は0-0で終了します。

stadiona 後半に入るとハイドゥクのサポーターが100本以上の発炎筒を炊き(写真)、試合は9分の中断。まだ煙が残る61分、ディナモのダ・シルバが左サイドでロングパスを受けると、マーカーを外して角度のないところから意外性のあるループシュートを放ちます。GKプレティコサは何とか指先でボールを弾きますが、こぼれ球をモドリッチが胸トラップしたのちにボレーシュートを叩き込んで先制します。ハイドゥクは66分にレジッチのFKがディナモの壁に当たってゴールに向かうもGKトゥリーナがキャッチ。これが唯一枠を捉えたハイドゥクのシュートでした。ハイドゥクは打つ手なく1-0でホイッスル。ディナモにとってはアウェースプリトの地で5年ぶりの勝利を収めました。

18節を終わって首位ディナモが勝点47。8位のハイドゥクはディナモから25点も引き離され、いよいよ降格リーグに回される可能性が現実味を帯びてきました。この試合ののち、ハイドゥクのイヴァン・グデリ監督が更迭。後任にルカ・ボナチッチが就任することが発表されています。

試合後にニコ・クラニチャールは
「ディナモが勝利に値していたよ。彼らはゲームを支配し、チャンスをモノにした。素晴らしい攻撃を繰り出したしね。次のリエカ戦では上位6チームに入るため、自分の全ての力を出す必要がある。」
とコメント。

modric またディナモの司令塔で、決勝点を挙げたルカ・モドリッチ(写真)は、"視察に来たクラニチャール代表監督の目に止まったのでは?"との質問に
「それは僕への質問ではなく、むしろ監督への質問だ。僕の夢はクロアチア代表でプレーすることであり、その夢は間もなく実現することを望んでいるよ。もし監督が私を代表に呼んだならば、僕は世界で最も幸せな人間となるだろうね。もしそうでなくともU-21代表でプレーする機会が残っているよ。クラニチャルとの間でも1-0の結果だって? 何て言えばいいか判らないけど、聞こえは良いよね。でも最も重要なのはディナモが勝利したことであって、今はリーグタイトルにぐっと近づいたよ。」
と答えています。

試合結果はこちらです。

ハイドゥク・スプリト - ディナモ・ザグレブ 0-1
0-1 61' モドリッチ

ハイドゥク・スプリト(1-3-3-1-2)
GKプレティコサ-DFジリッチ-ジョロンガ、ガル(73' カリニッチ)、クラレフスキ-MFマルチッチ(23' レジッチ)、フルゴヴィッチ、ミラディン-クラニチャール-FWエルツェグ、チミロティッチ(88'イェラヴィッチ)

ディナモ・ザグレブ(4-3-1-2)
GKトゥリーナ-DFチャレ、チョルルカ、ドルピッチ、エトー-MFマミッチ、チャゴ、ブリャト-モドリッチ(90' シャリッチ)-FWボシュニャク(90' アンデルソン)、ダ・シルバ(89' マリッチ)

|

« クロアチア・リーグ再開/クジェの日本評 | トップページ | 対アルゼンチン戦のクロアチア代表メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/8656009

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア・ダービーはディナモが制す:

« クロアチア・リーグ再開/クジェの日本評 | トップページ | 対アルゼンチン戦のクロアチア代表メンバー発表 »