« ブラジュ・スリシュコヴィッチ/ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督のインタビュー | トップページ | クロアチア・リーグ第22節 »

2006年3月13日 (月)

クロアチア・リーグ第19~21節

【3月4日 第21節】
anderson ディナモ・ザグレブは10位のメヂムリエと対戦。メヂムリエは今節から元セレッソ大阪監督のアルベルト・ポボルが指揮を執ります。ポボルはこれまで2部のナフタシュ・イヴァニッチの監督を務めており、今季はクロアチア・カップでディナモを3-2で見事に下しました。ディナモにとってはある意味、ポボルへの復讐戦となります。ポボルはクロアチア・カップの時と同様に守り倒してのカウンターを狙います。前半はその戦術で通りましたが、後半からディナモがゴール前をこじあけます。47分にブリャトがサイドから折り返し、アンデルソン(写真)が右足で強烈なシュートを決めて先制。79分にはチャゴのミドルシュートをGKが掴み損ねたところをボシュニャクが押し込んで2-0。82分にはエトーが右サイドを突破してのセンタリングをボシュニャクがヘディングで決めて3-0と勝利しました。この試合でクロアチア・リーグでクラブ初の通算300勝(454戦)を収めております。

ハイドゥク・スプリトはアウェーでヴァルテクス・ヴァラジディンと対戦。お互い上位6チームの決勝リーグに進出するかしないかの瀬戸際に立っているため、ピッチは悪いものの熱い試合となりました。10分、ジョロンガの左サイドからのFKをブラトニャクがヘディングで合わせてハイドゥクが先制。後半も55分にブラトニャクがシュートをポストに当て、63分にはエルツェグがポスト際にシュートを放ちます。最後の20分はハイドゥクが集中力が切れつつありましたが、何とか虎の子の1点を守りきって1-0と勝利しました。ハイドゥクは次節で勝点1を挙げられば決勝リーグに行けるということで随分と楽な立場となりました。

Cibalia Vinkovci - Pula Staro Cesko 0:2
0:1 65' Rivic
0:2 80' Babic

Dinamo Zagreb - Medimurje 3:0
1:0 47' Anderson
2:0 79' Bosnjak
3:0 82' Bosnjak

Inter Zapresic - Zagreb 1:0
1:0 38' Karic (PK)

Rijeka - Kamen Ingrad 3:1
1:0 43' Prisc
2:0 50' Novakovic
3:0 65' Sharbini
3:1 87' Stipkovic

Slaven Belupo - Osijek 3:1
1:0 15' Vrucina
2:0 44' Pejic
3:0 48' Mumlek (PK)
3:1 50' Vuica

Varteks Varazdin - Hajduk Split 0:1
0:1 10' Blatnjak

【2月26日 第20節】
首位ディナモはアウェーでカメン・イングラッドと対戦。私はザグレブvs.リエカ戦に引き続き、この試合は取材の仕事で行ってきました。カメン・イングラッドの本拠地があるヴェリカに訪れたのは初めてでしたが、小都市のスタジアムながらクロアチアでは一番整備されたピッチで驚きました。さすが土建屋がスポンサーだけあります。5分にFWダ・シルヴァが怪我のため離脱してしまいましたが(このためA代表のアルゼンチン戦も出場できず)、代わりに入った新補強のブラジル人FWアンデルソンが穴埋めをしました。15分にボシュニャクがミドルシュートを決めると、19分にはアンデルソンがヘディングで追加点。その後も着々と点を決めたディナモが5-1と圧勝しています。

2月12日のディナモ戦でハイドゥク・サポーターのトルツィダがディナモのブラジル人とカメルーン人選手相手にモンキーチャットをしたとして、ハイドゥク・スプリトはインテル・ザプレシッチ戦を無観客試合で行いました。クロアチア・リーグは「NE RASIZMU! (反レイシズム)」の一大キャンペーンを張っていますが、日本の某スポーツ紙が報じたようなディナモFWエドゥアルド・ダ・シルヴァの代表入りに対して民族主義者が反対を掲げるという話は聞いたことありませんね。クロアチア語をマスターし、クロアチアに順応したダ・シルヴァにはリスペクトの方が強いです。
話は逸れましたが、試合は9分にジョロンガのFKで359分ぶりの得点を決めたハイドゥクが先制。それから31分にエルツェグのシュート、49分にはクラニチャールのPKで3-0とリードします。しかし81分にインテルのゴンジッチにFKを決められると、87分にはカーリッチがヘディングシュートを決めて3-2と迫ります。89分、ハイドゥクのペナルティエリアでDFレジッチの手にボールが当たったもののインテルのPKとならず、抗議したイェルネイツが退場。ハイドゥクが122日ぶりに勝利を決めました。

Kamen Ingrad - Dinamo Zagreb 1:5
0:1 15' Bosnjak
0:2 19' Anderson
0:3 22' Bosnjak (PK)
0:4 39' Cale
1:4 43' Brajkovic (PK)
1:5 78' Drpic

Slaven Belupo - Varteks Varazdin 4:3
1:0  3' Vrucina
2:0  7' Vrucina
3:0 10' Dodik
3:1 32' Novinic
3:2 60' Benko
3:3 75' Safaric
4:3 86' Musa

Hajduk Split - Inter Zapresic
1:0  9' Dolonga
2:0 31' Erceg
3:0 69' Kranjcar (PK)
3:1 81' Gondzic
3:2 87' Karic

Osijek - Pula Staro Cesko
1:0 69' Turkovic

Zagreb - Rijeka
1:0  8' Pelaic
2:0 57' Ibricic

Medimurje - Cibalia Vinkovci 3:3
1:0 22' Pirija
1:1 23' Zgela
1:2 43' Stojanovski
1:3 77' Jukan
2:3 78' Mostalic
3:3 90' Kresinger

【2月17日・18日 第19節】
bosnjak 首位ディナモ・ザグレブはホームでNKザグレブと対決。39回目となるザグレブ・ダービーです。私もカメラマンとして試合に行ってきました。ディナモが優勢に進めると思いきや、ザグレブのスロベニア人監督ルスはディナモの攻撃をきちんと分析、スペースを与えずにボールを奪ってからカウンターを仕掛けます。結実したのは45分、ムイジャのクロスにマンジュキッチが頭で落とし、これをMFバルロフがシュートを決めてザグレブが先制します。しかし後半65分、ペナルティエリアでDFイヴァンコヴィッチがボールに達するディナモのダ・シルヴァを倒したということでPK。微妙なジャッジだったためにザグレブは猛抗議。PKはボシュニャク(写真)が決めて同点に追いつきます。これで切れてしまったザグレブは防戦一方。66分にダ・シルヴァが中央でボールを奪うとドリブルで疾走して得点を決めて2-1。70分にはチャゴのアシストからダ・シルヴァが斜めからシュートを決めて3-1。最後はロスタイムに新加入のアンデルソンがシャリッチのアシストからゴールを決めて4-1と快勝しました。

前節でディナモに敗北し、8位と低迷するハイドゥク・スプリトはアウェーで2位リエカと対戦。アドリア海ダービーと呼ばれるライバル同士によるカードですが、今季は明暗がくっきり分かれています。ハイドゥクは前節のディナモ戦の敗北でイヴァン・グデリ監督が更迭。代わりにルカ・ボナチッチが指揮を執りました。監督交替のショック療法もあってハイドゥクは目覚めたような戦いぶりをしますが、一度は監督が代わったもののシーズンを通して安定したリエカがペースを握ります。それでもハイドゥクのGKプレティコサ、リエカのGKジリッチが好セーブを続け、スコアは動かず。71分、リエカはウィンターブレークに獲得した元ドイツ代表FWボビッチを投入します。89分、そのボビッチが右サイドで追い越していくノヴァコヴィッチにパスを通し、ノヴァコヴィッチが斜めからシュートを放つとボールはDFガルに当たって方向が変わってネットに吸い込まれ、リエカが1-0と勝利しました。

Rijeka - Hajduk Split 1:0
1:0 89' Novakovic

Dinamo Zagreb - Zagreb 4:1
0:1 45' Parlov
1:1 65' Bosnjak (PK)
2:1 66' Eduardo
3:1 70' Eduardo
4:1 90' Anderson

Cibalia Vinkovci - Kamen Ingrad 1:1
1:0 18' Zgela
1:1 30' Lakic

Pula Staro Cesko - Medimurje 4:0
1:0  9' Starcevic
2:0 12' Ramadani (PK)
3:0 28' Ramadani
4:0 65' Rivic

Varteks Varazdin - Osijek 0:1
0:1 56' Dinjar

Inter Zapresic - Slaven Belupo 2:1
1:0 28' Karic
2:0 37' Zekic
2:1 83' Saranovic (PK)

|

« ブラジュ・スリシュコヴィッチ/ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督のインタビュー | トップページ | クロアチア・リーグ第22節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/9066130

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア・リーグ第19~21節:

« ブラジュ・スリシュコヴィッチ/ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督のインタビュー | トップページ | クロアチア・リーグ第22節 »