« ブラジル戦の挑み方 | トップページ | ディナモ・ザグレブ、3年ぶりのリーグ優勝 »

2006年5月 6日 (土)

クロアチア・カップは二年連続リエカが優勝/クロアチアリーグ第29節

Sunca 5月4日、クロアチア・カップ決勝第2戦が行われました。
一週間前の第1戦では、4-0とリエカがホームでヴァルテクス・ヴァラジディンを圧倒。優勝はリエカに間違いないとされていましたが、この試合ではドラマが待っていました。ヴァルテクス・スタディオンには7000人もの観客を集め、普段はあまりサッカーの場に姿を出さないスティエパン・メシッチ大統領も観戦しました。
コンパクトにして中盤を制圧し、サイド、中央のどの方向からも攻め上がってくるヴァルテクスにリエカが苦しめられます。23分、トリックプレーから30mの強烈なミドルシュートのDFルチッチを決めてヴァルテクスが先制。しかし、ベンコが決定機を逃し、ノヴィニッチもヘディングシュートをポストに当てて前半を1-0で折り返します。
後半54分、ベンコがペナルティエリアで相手のミスからボールを奪い、胸トラップから反転シュートを叩きこんで2-0。ヴァルテクスの押せ押せムードの中、試合を決めたのはまたヴグリネツでした。ペナルティエリアの左内側でボールを受けると、相手マークを背にしながらも最後は交わしてシュートを決めて2-1。ヴァルテクスは更に4点取らなくてはいけなくなりましたが、84分にハンドで得たPKをシャファリッチが決めて3-1。89分には右からのグラウンダーのクロスにノヴィニッチが合わせ、リエカGKジリッチが取り損ねたのを再びノヴィニッチが決めて4-1。ロスタイムにもノヴィニッチがGKジリッチのキャッチミスからヘディングシュートで5-1。残念ながらここでホイッスル。トータルスコア5-5、ヴグリネツのアウェーゴールの2倍計算でリエカが優勝。ナイーブアートの巨匠として知られるイヴァン・ラヴジンが制作した「ラヴジンの太陽」(写真)と呼ばれるカップを2年連続で手にしました。

遅れましたが、4月29日に行われたクロアチア・リーグ第29節の報告を。
この節のカードの目玉は首位ディナモと2位リエカの直接対決。ホームはリエカのカントリーダ・スタディオン。残り試合4で勝点差8をつけているディナモがこの試合に勝利すれば優勝が決まります。生憎の雨もあって観客は6000人止まり。それでもリエカ・サポーターのアルマダが2000人、ディナモ・サポーターのBBBが1500人ほど集まりました。
ホイッスルと同時に打ち合いとなりました。開始1分、ボシュニャクが左サイドを抜けるとロングクロスに待ち構えていたのはサイドプレーヤーとして先発起用されたトミッチ。ボレーシュートを決めてディナモが先制します。しかしリエカは6分、シャリッチとプリシュツのコンビネーションで崩すと最後はMFリニッチが決めて同点。13分にはノヴァコヴィッチの右クロスにFWシャルビーニがディナモ守備陣の隙間に飛び込んでシュートを決めて逆転します。ディナモはリエカの速いサイド攻撃と神出鬼没のヴグリネツに苦労させられますが、後半頭からトミッチに代えてFWアンデルソン、53分には怪我をしたボシュニャクに代えてMFマリッチを入れると主導権を奪い返します。71分、モドリッチがマリッチとのワンツーでリエカの最初の壁を破り、更にアンデルソンとのワンツーでフリーなったモドリッチが同点ゴールを叩きこみました。カップ戦のために連戦が続いているリエカには疲れもあり、そのまま2-2のドローで終了。ディナモのリーグ優勝が近づきました。

[優勝決定リーグ]
Rijeka - Dinamo Zagreb 2:2
0:1  1' Tomic1:1 
1:1  6' Linic
2:1 13' Sharbini
2:2 71' Modric

Varteks Varzdin - Kamen Ingrad 1:2
0:1 41' Papa
0:2 76' Lakic
1:2 89' Benko

Osijek - Hajduk Split 2:1
1:0 39' Milardovic
1:1 47' Hrgovic
2:1 79' Barisic

[降格決定リーグ]
Slaven Belupo - Medimurje 0:0

Zagreb - Pula Staro Cesko 1:0
1:0 19' Ibricic

Cibalia Vinkovci - Inter Zapresic 1:1
1:0 62' Krizanovic
1:1 79' Piskor

【順位】
[優勝決定リーグ]
1位…ディナモ・ザグレブ(勝点67)、2位…リエカ(59)、3位…ヴァルテクス・ヴァラジディン(46)、4位…オシエク(41)、5位…ハイドゥク・スプリト(36)、6位…カメン・イングラッド(35)

[降格決定リーグ]
7位…プーラ・スターロ・チェシュコ(41)、8位…ザグレブ(37)、9位…スラヴェン・ベルーポ(34)、10位…チバリア・ヴィンコヴチ(31)、11位…インテル・ザプレシッチ(31)、12位…メヂムリエ(27)

【得点】
19ゴール…ボシュニャク(ディナモ)
18ゴール…ダ・シルヴァ(ディナモ)
15ゴール…ヴグリネツ(リエカ)
14ゴール…ベンコ(ヴァルテクス)、シャルビーニ(リエカ)

【アシスト】
11アシスト…ダ・シルヴァ(ディナモ)
9アシスト…モドリッチ(ディナモ)、ムムレク(スラヴェン・ベルーポ)
8アシスト…シャリッチ(リエカ)
7アシスト…ブリャト(ディナモ)、ノヴァコヴィッチ(リエカ)、ヴルチーナ(スラヴェン・ベルーポ)

|

« ブラジル戦の挑み方 | トップページ | ディナモ・ザグレブ、3年ぶりのリーグ優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/9931463

この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア・カップは二年連続リエカが優勝/クロアチアリーグ第29節:

« ブラジル戦の挑み方 | トップページ | ディナモ・ザグレブ、3年ぶりのリーグ優勝 »