« クロアチア・カップは二年連続リエカが優勝/クロアチアリーグ第29節 | トップページ | W杯クロアチア代表メンバー発表とその反応 »

2006年5月 8日 (月)

ディナモ・ザグレブ、3年ぶりのリーグ優勝

Dinamo 5月6日、クロアチア・リーグ第30節が行われ、オシエクに1-0と勝利したディナモ・ザグレブは3年ぶりのリーグ優勝を果たしました。1992年のクロアチア・リーグ創設以来8度目、ユーゴスラビア・リーグを含めると12度目のリーグ優勝となります。

残り3節で2位リエカと勝点差8と広げていたディナモは、このオシエク戦に勝ちか引き分けでリーグ優勝が決まります。春ならではの変わりやすい天候もあって、ザグレブのマクシミール・スタディオンの観客は10000人止まり。それでも北側スタンドに占めたディナモ・サポーター「バッド・ブルー・ボーイズ(BBB)」は熱い応援を重ねました。

ディナモ・ザグレブはいつもと違っての3トップを採用。中央にターゲットマンのアンデルソンを置き、左にダ・シルヴァ、右にボシュニャクを並べました。しかし選手間の距離が広がりすぎてパスが上手く繋がりません。17分、ブリャトの左からの直接FKはオシエクのGKスケンデルが好セーブ。34分にはマミッチがミドルシュートを放ちますが、ボールは左ゴールポストをわずかに逸れてしまいます。
怪我明けでコンデション不足のダ・シルヴァを後半頭から外し、中盤にMFチャゴを入れることで4-3-1-2のいつものフォーメーションに戻します。61分、DFミラルドヴィッチがロングボールの処理に失敗したところをボシュニャクがかっさらい対角線にシュート。ボールは一度ポストを叩きますが、そのままネットに吸い込まれてディナモが先制します。待望だったゴールをきっかけにディナモは幾分と吹っ切れ、厚みのある攻撃を繰り返しますが、最終面での集中に欠けて追加点は生まれません。80分にボシュニャクはGKスケンデルをドリブルでかわすものの、角度のないところからのシュートは失敗。またオシエクも途中交替で入ったFWトゥルコヴィッチ(元セレッソ)が右サイドを抜け、GKトゥリーナと1対1で放ったシュートは弾かれてしまいます。ロスタイム、2位リエカがカメン・イングラッドに負けたというアナウンスが入り、ベンチの選手が歓喜で飛び跳ねます。ホイッスルが鳴ると同時にグラウンドに選手とクジェ監督、スタッフが抱き合い、発炎筒を炊きながらサポーターと喜びを分かち合ったのち、選手達はディナモのエンブレムが描かれた巨大グラスでシャンパンを飲み回しました。クジェ監督にとっては25年の監督人生で初タイトル。BBBからは「ヨシップ・クジェ!」コールが起き、クジェは目に涙を溜めながら北スタンドに向かって深く頭を下げました。

【写真:クジェ監督(一番左)と
発炎筒を握るボシュニャク(一番右)】

Dinamo2_1
試合後のコメントを集めてみました。

ヨシップ・クジェ監督
「私たちは勝利でタイトルを確定させたかった。もう喜びを延期することはしたくなかったからね。そのような大きな願望のために神経質なプレーをしていた。もしかしたら少しの恐怖もあったかもしれない。選手達は結果を気にしすぎているのが目に見えたよ。3トップにした前半のプレーは非常に不安定だった。ピッチの中央を空っぽにしてしまったからね。ラッキーなことに私たちはゴールを決めることに成功し、祝杯の時を今こうして迎えるができた。分析はシーズン後となるだろう。」

イヴァン・ボシュニャク
「この成功を皆で祝うんだ。僕たちの成功に対して誰も決して批判できないと信じているよ。これが終われば相応しい休暇が待っている。とはいえ全員の頭の中はまだ(最終節の)ハイドゥク戦のことがあるけどね。」

ルカ・モドリッチ
「僕はハイドゥクとの試合を考えている。まだ試合まで一週間あるけど、僕たちしっかり準備をするつもりだし、今日よりもっと良くなるはずだ。多くのサポーターがやってくることを希望しているし、この成功したシーズンを最後は勝利でサポーターに感謝するつもりだ。今後の計画は? クラブに関していえば、ヨーロッパでの戦いだよ。」

エドゥアルド・ダ・シルヴァ
「チームメート、スタッフ、サポーター、そしてディナモを愛する全員に感謝しているし、おめでとうと言いたい。僕たちがUEFAカップに行ったとしても、春まで戦いに残り、良い結果を残せることができるだろう。ルーマニアのクラブができるのならば、僕たちにも可能なはずだ。チャンピオンズ・リーグ本選進出には多くの運が必要だろう。今は次の土曜日を待っている。もっと大きなお祝いとなるからね。」

マリャン・ブリャト
「僕たちが最高のチームだと証明したし、次はヨーロッパで何かを成し遂げに行くよ。」

シルビオ・マリッチ
「これまでリーグ制覇を経験してきたけど、今回は私のスポーツ人生において最も美しい感動の一つだよ。一年間、そのために頑張ってきたんだからね。タイトルは再びザグレブに戻ってきた。誇りだし、幸せだよ。BBBに感謝しているし、ハイドゥク戦にはBBBとディナモを愛する人々達を呼びたい。5月13日は全員でリーグ優勝の二度目のお祝いに来てくれ。」

エトー
「私は何も話したくないよ。(ビール瓶を持ちながら)多くのビールを飲んでるからね!」

私はクロアチアに初めて訪れてから9年、またザグレブに住んで5年となりますが、ディナモのリーグ優勝の場面に立ち会ったのは初めてであります(3年前はバスケ日本代表通訳のために日本にいました)。贔屓のクラブが優勝する喜びはなかなかなものですね。

[優勝決定リーグ]
Dinamo Zagreb - Osijek 1:0
1:0  61' Bosnjak

Kamen Ingrad - Rijeka 1:0
1:0  5' Sest

Hajduk Split - Varteks Varzdin 2:2
1:0 12' Bartulovic
2:0 40' Pokrivac(OG)
2:1 57' Ipsa
2:2 79' Safaric(PK)

[降格決定リーグ]
Medimurje - Zagreb 2:0
1:0  7' Bratkovic
2:0 14' Cicero Lima

Inter Zapresic - Slaven Belupo 1:2
0:1 10' Saranovic
0:2 62' Dodik
1:2 84' Gondzic

Pula Staro Cesko - Cibalia Vinkovci 0:2
0:1 59' Ratkovic
0:2 90' Keric

【順位】
[優勝決定リーグ]
1位…ディナモ・ザグレブ(勝点70)、2位…リエカ(59)、3位…ヴァルテクス・ヴァラジディン(47)、4位…オシエク(41)、5位…カメン・イングラッド(38)、6位…ハイドゥク・スプリト(37)

[降格決定リーグ]
7位…プーラ・スターロ・チェシュコ(41)、8位…スラヴェン・ベルーポ(37)、9位…ザグレブ(37)、10位…チバリア・ヴィンコヴチ(34)、11位…インテル・ザプレシッチ(31)、12位…メヂムリエ(30)

【得点】
20ゴール…ボシュニャク(ディナモ)
18ゴール…ダ・シルヴァ(ディナモ)
15ゴール…ヴグリネツ(リエカ)
14ゴール…ベンコ(ヴァルテクス)、シャルビーニ(リエカ)

【アシスト】
11アシスト…ダ・シルヴァ(ディナモ)
9アシスト…モドリッチ(ディナモ)、ムムレク(スラヴェン・ベルーポ)
8アシスト…シャリッチ(リエカ)
7アシスト…ブリャト(ディナモ)、ノヴァコヴィッチ(リエカ)、ヴルチーナ(スラヴェン・ベルーポ)

|

« クロアチア・カップは二年連続リエカが優勝/クロアチアリーグ第29節 | トップページ | W杯クロアチア代表メンバー発表とその反応 »

コメント

 ディナモも長束さんもおめでとうございます。こうなるとまたクロアチア勢のヨーロッパでの活躍を期待してしまいますね。
 クロアチア代表ワールドカップでは4バックですかあ・・・怖いなあ(笑)

投稿: サンティ | 2006年5月 9日 (火) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/9956176

この記事へのトラックバック一覧です: ディナモ・ザグレブ、3年ぶりのリーグ優勝:

« クロアチア・カップは二年連続リエカが優勝/クロアチアリーグ第29節 | トップページ | W杯クロアチア代表メンバー発表とその反応 »