« 親善試合「クロアチアvs.スペイン」 | トップページ | クロアチアへ戻りました »

2006年6月11日 (日)

合宿地バート・ブリュッケナウ

P1110095 クロアチア代表はジュネーブでのスペイン戦ののち、8日にキャンプ地であるドイツ南部バイエルン州の保養地バート・ブリュッケナウに戻っています。

スロベニア合宿でフィジカル中心の練習をした上、ワールドカップ参加国では最多の4つの親善試合+1つのチャリティマッチを行ったことから、バート・ブリュッケナウではもっぱらリラクゼーションを中心としたメニューをこなしております。
怪我が心配されていたMFニコ・コヴァチとDFヨシップ・シムニッチ(写真・中央)も完全復帰。また疲れと右足甲の怪我で別メニューをこなしていたMFダリヨ・スルナ(写真・右)も昨日から通常通りに練習をしております。唯一の怪我人はFWイヴィツァ・オリッチ。右太股の筋肉に異常を感じており、13日のブラジル戦は回避する予定です。

P1100834 バート・ブリュッケナウ(写真)はバイエルン地方にある5つの温泉の一つであり、浸かるのではなくて"飲む"温泉地であります。のどかな田舎町ですが、連日深夜にコンサートをガンガンやっているのが私の睡眠を妨げております(苦笑)
バート・ブリュッケナウは19世紀にバイエルン候ルードヴィヒ1世が夏の離宮として26度に渡って滞在し、愛人のローラと密会していた土地として知られています。市街でも西にあるルードヴィヒ1世の邸宅「フルステンホーフ」が現在はホテルとなっており、代表チームが貸切で宿泊しております。

クロアチア代表は12日にベルリンへと移動。オリンピック・スタディオンでブラジルと初戦を挑みます。予想されるスタメンは以下のようです。
GKプレティコサ-DFシミッチ、コヴァチ弟、シムニッチ-MFスルナ、トゥドール、コヴァチ兄、バビッチ-クラニチャール-FWプルショ、クラスニッチ

|

« 親善試合「クロアチアvs.スペイン」 | トップページ | クロアチアへ戻りました »

コメント

「40代の私にとっての最新情報・重要ニュース」というブログの管理人、springと申します。

http://spring.livedoor.biz/

来る、18日、日曜日のサッカーワールドカップ、クロアチア戦の日に、仲間で、クロアチア名物を食べて気合をいれようてという企画を考えています。

オーストラリア戦の時は、オージービーフを食べようという趣旨で展開して、決して、相手国の尊厳を損ねるような企画ではございません。
クロアチアの名産はなにかと、ネットサーフィンしておりましたら、貴殿のサイトを発見いたしました。
もし、日本全国でできるだけ手に入る、クロアチア産、無理ならば名産物をご存知ならば、お教え願えないでしょうか。
決して、クロアチアの尊厳を傷つけるような、ことはいたしません。
ご存知でしたら、ご指南のほど、よろしくお願い申し上げます。
突然の、コメント大変失礼いたしました。
ご検討のほど、よろしくお願い致します。

spring

投稿: spring | 2006年6月15日 (木) 19時48分

息子を使ってモドリッチを使わないこの監督には、もううんざりです。クロアチアは中盤から前線に良いパスが出てないですよね。コバチ兄とトゥドルは守備面に貢献しているものの、これでは点が入らないでしょう。実力不足の息子では…このままグループリーグ敗退濃厚ですね。クロアチアの鍵はモドリッチ。この選手はそれだけのものを持っていると思います。

投稿: ボクシッチ | 2006年6月20日 (火) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/10479640

この記事へのトラックバック一覧です: 合宿地バート・ブリュッケナウ:

» 決戦 クロアチア [「黙ってられないワールドカップ2006」スタッフメモ]
必ず勝たなければ、日本は決勝トーナメントへ進出できません。ブラジル戦で攻守の要となっていた主将ニコ・コバチ(MF)が右脇腹を痛めて交代したが、日本戦は出場できることになりました。まあ、どんなことをしても出るでしょうね。 クロアチアチームについて、みかん部長がお伝えします。クロアチアはアドリア海沿岸、イタリアの対面に位置しています。... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 13時59分

« 親善試合「クロアチアvs.スペイン」 | トップページ | クロアチアへ戻りました »