« クロアチア紙とボスニア紙のオシム・インタビュー | トップページ | クラニチャール、公式会見でも謝罪弁明なし »

2006年7月 3日 (月)

移籍情報

Vucko_1 前U-21代表DFのルカ・ヴチュコ(22・写真)がロシア・リーグのサトゥルン・モスクワとの契約を切り、ハイドゥク・スプリトに復帰しました。彼は2006年1月に5年契約でサトゥルンに移籍したものの、出場機会の少なさに不満を持ったために契約を解除していました。197cmの長身を活かし、2004/05シーズンにはハイドゥクのレギュラーに定着した将来性あるディフェンダーで、ユース代表にも名前を連ねていました。

A代表歴もあるDFヴェドラン・イェシェ(25)がスイス一部のテューンと3年契約で結ぶことになりました。ディナモ・ザグレブが所有権を持つものの、昨季後半はインテル・サブレシッチでプレーしていたイェシェの移籍金は20万ユーロとされています。テューンは昨季はチャンピオンズ・リーグに出場したことで有名となったクラブですが、オーストリア人のハインツ・ペイシュル監督がかつてズラトコ・クラニチャール代表監督とチームメイトであり、クラニチャールが色々とペイシュル監督に移籍が上手くいくよう助言したそうです。

Mikic_1 元ディナモ・ザグレブ出身で、昨季までカイザース・ラウテルンでプレーしていたMFミハエル・ミキッチ(25・写真)が30日、リエカと2年契約を結びました。背番号は8です。ディナモと対抗できる資金力で補強選手を集めているリエカですが、もう一人FWを探しております。現在ではハンガリー代表で1FCケルン所属のイムレ・サビッチュ(26)、ボスニア代表FWでイスタンブール・シュポル所属のエルヴィル・ボリッチ(34)、オリンピック・マルセイユ所属のスペイン人FWコケ(22)などが候補に挙がっています。

クロアチア移民4世でクロアチア代表入りの説得交渉が何度も行われたボカ・ジュルオニスFW/MFダニエル・ルベン・ビロシュが、フランス・リーグのサン・エティエンヌに3年契約で移籍することになりました。両クラブ間では早くから移籍金で合意していたものの、ビロシュ側が年俸を吊り上げたために話し合いはスムーズにいっておりませんでした。しかし30日にビロシュも年俸に承諾。来週にはメディカル・チェックののちサインの予定です。
2日のクロアチア紙のインタビューでクラニチャール代表監督は再びビロシュを構想を入れていることを明らかにしました。
「ビロシュはアルゼンチン代表としてワールドカップに行くことを望んだが、ペッケルマンの選択には入れず失望していることだろう。クロアチア代表に決めなかったのは大きなプレッシャーがあったからで、多くの人が彼を裏切り者とした。けれども今は状況は完全に違う。ビロシュは私の構想に入っている。」
とコメント。また2003年の代表合宿から逃走したことで代表を追放されたMF/DFイゴール・ビシュチャンも構想に入っていることを口にしています。ただ、ビシュチャンに関してはマルコヴィッチ協会長が代表入りを断固許さないと常に語っています。

|

« クロアチア紙とボスニア紙のオシム・インタビュー | トップページ | クラニチャール、公式会見でも謝罪弁明なし »

コメント

クロアチアって(日本人には)印象深い国ですね。
フランスWC 日韓WC(新潟キャンプ)ドイツWCと続いてまね。
日本のTVでもやってましたが、十日町ではクロアチア応援していた人も多かったみたいですね。
K-1でもシカティック、ミルコなども活躍しましたしね。

クロアチアで盛んなスポーツはサッカーの他には何があるのでしょうか??(旧ユーゴはバスケ強国でしたね?)

投稿: さいたま | 2006年7月 4日 (火) 15時26分

いつも面白い記事をどうもありがとう!!
楽しみにいつも見てますmm
これからもがんばって!!

投稿: ミーナ | 2006年7月28日 (金) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/10767318

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍情報:

« クロアチア紙とボスニア紙のオシム・インタビュー | トップページ | クラニチャール、公式会見でも謝罪弁明なし »