« ディナモ・ザグレブ、アーセナルに逆転負け | トップページ | クロアチア・リーグ第5節 »

2006年8月27日 (日)

ディナモの次の相手はオーゼール

8月25日にUEFAカップ一回戦(予選)の抽選会が行われ、ディナモ・ザグレブはフランスのオーゼールと対戦することが決まりました。第1戦は9月14日にザグレブで、第2戦は9月28日にオーゼールで行われます。
このオーゼールはディナモにとって因縁の相手であります。最初の公式戦での対決は1989年のUEFAカップ予備戦。アウェーでの初戦をシューケルのゴールで1-0と勝利したものの、オーゼールはその直後にベルギー史上最高のMFシーフォを獲得。ザグレブで1-3と蹴散らされ、敗退が決まりました。当時のディナモ監督は現監督であるヨシップ・クジェ。クジェは当時のことを
「当時の私は大きなミスをやらかした。第2戦の前にヴァルダル・スコピエと40度の熱さの中で対戦した。4-0で勝利したのだが、その試合のために私たちは疲れ果ててしまっていた。」
と回想しています。
次の対戦は1994年のカップ・ウィナーズ・カップ。初戦はホームでイェリチッチ、ソルド、パミッチのゴールで3-1と勝利しましたが、アウェーの第2戦でソルドが前半でイエロー二枚で退場すると、そのまま押し切られて0-3で敗北。この試合前にはサポーターのBBBが警官と市街戦を行い、試合中に発煙筒をピッチに投げ込んだため、ディナモは欧州カップ戦の出場を一年禁止されました。また当時のディナモ会長であり、監督であったミロスラフ・ブラジェヴィッチは試合中に審判を侮辱したために退場。10ヶ月のUEFA主催の大会出場を禁止され、クロアチア代表監督も兼任していた彼は欧州選手権予選のイタリア戦を指揮できませんでした。
またディナモとオーゼールは昨年、今年と夏の準備期間で練習試合をしており、昨年は1-1(あとのPK戦でディナモが勝利)、今年は2-1と勝利しています。

ロシア戦を控えたクロアチア代表の追加召集として、マリオ・ガリノヴィッチ(パナシナイコス所属)が初めて代表に呼ばれることとなりました。GKはプレティコサとルニェの2人が選ばれていますが、3人で練習をした方がベターという理由による召集です。
またビリッチ監督は他の代表の試合を視察するスカウティング役として、マリオ・スタニッチとズボニミール・ソルドを迎え入れることを口にしています。

|

« ディナモ・ザグレブ、アーセナルに逆転負け | トップページ | クロアチア・リーグ第5節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/11638871

この記事へのトラックバック一覧です: ディナモの次の相手はオーゼール:

« ディナモ・ザグレブ、アーセナルに逆転負け | トップページ | クロアチア・リーグ第5節 »