« ディナモvs.リエカ/クロアチア代表メンバー発表 | トップページ | クロアチア・リーグ第14節 »

2006年11月 7日 (火)

クジェ監督辞任、ディナモの新監督にイヴァンコヴィッチ

11月4日、クロアチア・リーグ第13節が行われました。

Rukavina_1 首位ディナモ・ザグレブはアウェーでシベニクと対戦しました。
立ち上がりは良かったディナモ。21分にエトーからボールを貰ったモドリッチが右足で綺麗なミドルシュートをゴール右上隅に叩きこんで先制します。
しかし先制点ののち、次第にシベニクが本領を発揮するようになり、現在の国内リーグで最も注目を浴びているFWルカビナ(写真・右)を中心にディナモ・ゴールを脅かし始めました。43分、ゴール前に放り込まれたロングボールにディナモDF陣が競り合い、ノヴォトニーに続いてドルピッチにも触れたボールは左でフリーのカルテロへ。カルテロがゴールに押し込み、シベニクが同点に追いつきます。
後半60分にはFWグヴォが3人を引き付けた状態で前方のスペースへ走り込んだルカビナへ。最初のタッチでノヴォトニーを置き去りにすると、そのままシュートを決めて逆転に成功。
そのまま逃げ切ったシベニクがディナモに勝利。ディナモは今季リーグで初敗北、今年4月以来、203日ぶりの敗北を喫しました。

Kuze 試合から2日後、ディナモに「ヨシップ・クジェ監督辞任」という激震が走りました。
クジェ監督(写真)とズドラヴコ・マミッチ副会長の関係がこじれていたこともあり、規定路線であったことも事実。あっさりとディナモがヨーロッパの舞台から消えてしまって以来、マミッチによるクジェへの批判が公となり、またディナモのスポンサーである日刊紙Vecernji-list紙を中心にメディアによる攻撃も受けておりました。クジェはサポーターグループのバッド・ブルー・ボーイズから絶大な支持を得ており、選手からの人望も厚く、リーグでは昨季優勝、今季は10勝2分1敗で首位という文句なしの成績を残しながらも、不可解な辞任劇となってしまいました。
マミッチ副会長との話合いで契約解除で話がまとまったのち、記者会見でクジェはこのように述べています。
「機転を利かして何かを言うことはできない。長い間に渡って考慮した上、そして起こったしまった全ての後に、クラブと私は合意の下で別れるという決定をもたらした。真実について詳細に説明する必要はこの先もないだろう。私が去りたかったということだ。
バッド・ブルー・ボーイズのために一つ言いたい。こんな一節を。"誰もが自分の人生を歩んでいる。別れる時には心がこう言う。私は戻ってくる!"」
また記者会見でマミッチ副会長は
「この瞬間に別れることはがクラブにとって、ムード、チーム、結果のために最も良いと考えた。具体的に私たちは話し合ったんだ。クジェと私は友人だ。私たちは最も近い協力者だった。ディナモについていえば、将来は建設的な雰囲気の中で働いていかねばならない。
今までのクジェの仕事内容に関して公に分析するつもりはない。クジェは私たちに首位のポジションを置いていってくれた。ディナモが前へと進むことが目標だ。」
と語っています。」

その日のうちに新監督として前イラン監督ブランコ・イヴァンコヴィッチの就任が決定、記者会見が行われました。
「こんなチャンスを逃すことはない。10年間私は待っていたし、これは私のキャリアにおいて最大の挑戦だと言える。この仕事ができることを嬉しく思うよ。なぜならディナモに多くのものを授けられると確信しているからだ。
この夏に代表監督になることを望んでいたが、今は同じぐらいアトラクティブな仕事を待っていた。ディナモのベンチに座ることはどのクロアチアの監督にとっても夢であるからね。」
とコメントしています。同時に元代表監督のミルコ・ヨジッチがディナモ・ユース学校のディレクターに就任することも明らかになっています。

2位のハイドゥクはアウェーで最下位チバリア・ヴィンコヴチと対戦。チグハグなハイドゥク相手にチバリアが手数に勝りながらも点を奪うことができず、スコアレスドローに終わっています。
ディナモとハイドゥクは勝点32で並び、得失点差でディナモが首位に立っています。

全試合の結果はこちら。

Sibenik - Dinamo Zagreb 2:1
0:1 21' Modric
1:1 43' Kartelo
2:1 60' Rukavina

Medimurje - Varteks Varazdin  5:1
1:0 37' Grgurovic
1:1 50' Novinic
2:1 62' Kresinger
3:1 81' Stefancic
4:1 85' Piskor (PK)
5:1 87' Grgurovic

Zagreb - Slaven Belupo 3:0
1:0 22' Lovrek
2:0 51' Ibricic
3:0 58' Lovrek (PK)

Pula - Osijek 2:2
1:0  5' Halilovic
1:1 41' Milardovic (PK)
1:2 78' Dinjar
2:2 90' Radas

Kamen Ingrad - Rijeka  0:1
0:1 10' Tonito

Cibalia Vinkovci - Hajduk Spilit 0:0

【順位】
1位…ディナモ・ザグレブ(32)、2位…ハイドゥク・スプリト(32)、3位…ザグレブ(22)、4位…メヂムリエ(21)、5位…ヴァルテクス・ヴァラジディン(20)、6位…シベニク(19)、7位…プーラ(16)、8位…リエカ(16)、9位…スラヴェン・ベルーポ(16)、10位…オシエク(15)、11位…カメン・イングラッド(7)、12位…チバリア・ヴィンコヴチ(7)

【得点】
10ゴール…エドゥアルド(ディナモ)
9ゴール…シャルビーニ(リエカ)、ノヴィニッチ(ヴァルテクス)
7ゴール…ゼキッチ(チバリア)、ルカビナ(シベニク)、ヴグリネツ(ディナモ)

【アシスト】
6アシスト…エドゥアルド(ディナモ)
5アシスト…ムムレク(スラヴェン・ベルーポ)、モスタルリッチ(オシエク)、モドリッチ(ディナモ)

|

« ディナモvs.リエカ/クロアチア代表メンバー発表 | トップページ | クロアチア・リーグ第14節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/12599243

この記事へのトラックバック一覧です: クジェ監督辞任、ディナモの新監督にイヴァンコヴィッチ:

« ディナモvs.リエカ/クロアチア代表メンバー発表 | トップページ | クロアチア・リーグ第14節 »