« クラスニッチ、腎臓移植手術失敗 | トップページ | オシムのインタビュー »

2007年1月31日 (水)

オリッチ、HSVと契約/ハイドゥクvs.ジェフ戦

30日、代表FWイヴィツァ・オリッチ(27・写真)がハンブルガーSVと契約、正式に一員となりました。18歳の時にヘルタ・ベルリンでプレーしたこともある彼にとっては二度目のブンデス挑戦となります。
P1120190ハンブルガーのスポーツ・ディレクター、ディートマー・バイヤースドルファー氏は「私たちのプ レーに高い次元を与えてくれるフォワードを持てたことをとりわけ嬉しく思う。」とコメントしています。
またトーマス・ドル監督は「オリッチで私たちが強化されることは間違いない。長きに渡って彼を追っていたが、私たちのシステムに完全に適応すると何度も確信してきた。」と述べています。ちなみにオリッチはCSKAモスクワの一員として昨季のチャンピオンズ・リーグで二度、ハンブルガーと対戦していました。
契約期間は2009年夏まで、移籍金は公表されてないものの200万ユーロと推測されています。背番号は「11」をつけることになりました。31日のエネルギー・コットブス戦に早速、出場する可能性も出ています。

ハイドゥク・スプリトへの復帰が常に話題に上がっていたDFイゴール・トゥドール(28)ですが、最終的には夏までユベントスに残留することになりました。理由としては怪我の状況がまだ思わしくないことにあります。足首の間接に入ったバクテリアはアントワープの病院で除去したものの、まだ痛みを感じており、トレーニングを始められない状況にあります。
トゥドールは夏にユベントスとの契約が切れ、それから新たなクラブを探すことになりますが、ハイドゥク復帰のオプションはまだ有り得ると語っています。

30日、アンタルヤでハイドゥク・スプリトがジェフユナイテッド千葉と対戦、新加入のFWアンテ・ルカビナ(20)のゴールで1-0と勝利しています。ジェフにとってはトルコ合宿、最初の試合となりました。
前半45分はもっぱらハイドゥクがボールを回す展開となり、ジェフは防戦一方になります。9分にルビール(元湘南)がゴール前へと突破し、ジェフの選手から背後を引っ張られたままシュートを放つものの枠を捉えられません。37分にはツァレヴィッチが好クロスを上げましたが、ルカビナが反応に遅れて決められませんでした。ハイドゥクはプレースピードに欠け、中盤が余りにもボールにタッチしすぎるという問題を抱えていたそうです。
後半54分、ジェフもチャンスを迎えます。抜け出した山岸がGKバリッチから7~8mの距離でシュートを放ちましたが、バリッチの好セーブに終わります。主導権を握ってきたハイドゥクへの報いは60分、ツァレヴィッチのCKにルカビナがヘディングで決めての先制ゴール。それからジェフは攻撃的に転じ、70分にゴール前へと詰め寄ったストヤノフがチャンスを迎えるものの、ムサにカットされてしまいました。78分にはルカビナがスピードを活かしてゴール前へ突進するものの、シュートはGKがセーブしています。
ハイドゥクはこれでトルコ・キャンプでの練習試合を2勝1分1敗としています。ちなみにトルコへは代表アシスタント・コーチのアリョーシャ・アサノヴィッチが視察に訪れており、注目選手のルカビナだけでなく、これからディナモの代表選手らもチェックしに行くそうです。またジェフはディナモ・ザグレブとも2月4日に対戦予定です。

試合結果:
ハイドゥク・スプリト - ジェフユナイテッド千葉  1-0 (0-0)

ハイドゥク:
GKバリッチ-DFペライッチ、ジリッチ、ジブコヴィッチ、フルゴヴィッチ-MFムサ、ダムヤノヴィッチ(46' バラティナッツ)、ツァレヴィッチ、ルビール(85' ガブリッチ)-FWルカビナ(80' ブシッチ)、バルトロヴィッチ
ジェフ:
岡本、水本、ストヤノフ、斉藤、水野、中島、佐藤、山岸、工藤、羽生、黒部
(途中交替:立石、結城、朴)

|

« クラスニッチ、腎臓移植手術失敗 | トップページ | オシムのインタビュー »

コメント

JEFサポーターです。貴重な情報ありがとうございました。

投稿: いとへん | 2007年1月31日 (水) 13時03分


トルコ合宿情報ありがとうございます。
どうやら新外国人選手として
獲得が濃厚らしいネナド・ジョルジェビッチについて
長束さんがお持ちの情報やイメージがもしあれば教えてもらえませんか?

投稿: ジェフサポ | 2007年1月31日 (水) 15時36分

>ジェフサポさん
昨年11月2日にベオグラードでUEFAカップ「パルチザンvs.リボルノ」を観戦してきたのですが、その時にジョルジェヴィッチがプレーしていたのを覚えています。
パルチザンは4枚の浅いラインディフェンスでして、ジョルジェヴィッチはセンターバックの右を務めていました。リボルノのツートップはルカレッリ、バカヨコといった強力な二枚で、抜かれたとしても押さえ込んでいました。この試合は最後にオチがありまして、終了間際に上がってきたGKアメリアにヘディングシュートをぶち込まれ、1-1で引き分けてしまいました。
YouTubeで試合ダイジェストが見つかったので、ディフェンスと彼がどんな動きをしているか参考にしてみて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=A_jDfun7jLw

投稿: 長束恭行 | 2007年1月31日 (水) 16時34分

長束さんありがとうございました!
ほぼ決まったようなので期待して待ってます。

投稿: ジェフサポ | 2007年2月 3日 (土) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/13725700

この記事へのトラックバック一覧です: オリッチ、HSVと契約/ハイドゥクvs.ジェフ戦:

« クラスニッチ、腎臓移植手術失敗 | トップページ | オシムのインタビュー »