« 移籍情報 | トップページ | ノヴォトニー、ディナモを退団 »

2007年1月 8日 (月)

シムニッチ、チェルシーに移籍か

Simunic ヘルタ・ベルリン所属の代表DFヨシップ・シムニッチ(28)がイングランドの強豪チェルシーと合意寸前だと報じられています。チェルシーは怪我のジョン・テリーに代わる選手を探しており、国際的にも評価が高いシムニッチに白羽の矢が立ったようです。
チェルシーへの移籍を問われたシムニッチは
「チェルシーが私に関心を持っていることは知っている。それが貴方たちに言える全てだ。このケースにおいての主導権はヘルタが持っている。チェルシーが提示した額にヘルタ側が承諾した時だけ、私はイングランドに渡ることができる。」
とコメントしています。「イングランドでプレーすることが私の夢だ」と語るシムニッチは昨年夏にヘルタと2011年まで契約延長したばかりであり、移籍金は800万ユーロとされています。

一方、代表DFイゴール・トゥドール(28)は、所属クラブのユベントスと契約解消の話合いを始めていると報道されています。今年の夏で契約が切れるトゥドールなわけですが、度重なる怪我もあって祖国に戻ることを考えているようです。もちろん最初の選択肢となるはハイドゥクであり、トゥドールとユベントスとの話合いの結果を踏まえてから本格的に獲得に乗り出すといわれています。

7日、ディナモは新加入選手の公式会見を行いました。
ヴァルテクスから移籍金850万クーナ(約1億8000万円)で獲得したMFダリオ・イェルテツ(21)とDFニコラ・ポクリヴァッツ(21)、レバークーゼンから移籍金28万ユーロ(約4200万円)で獲得したFWヨシップ・タディッチ(19)はいずれもU-21代表。またシベニクからはDFゴードン・シルデンフェルト(21・新登録名シーフォ)、またブラジルのサン・カエターナから移籍したブラジル人DFサミール、インテル・ザプレシッチのレンタルから帰還したU-19代表DFデヤン・ロヴレンも紹介されています。
ディナモは8日から活動を再開。6日間はザグレブで練習したのち、14日からボスニア・ヘルツェゴビナのメヂュゴリエで一週間のキャンプ。ザグレブに戻ったのち、1月25日~2月8日までトルコのアンタルヤでキャンプを張ります。アンタルヤではOFKベオグラード(セルビア)、ヴィスラ・クラクフ(ポーランド)、メタリスト・ハルコフ(ウクライナ)、そしてジェフユナイテッド千葉と練習試合を行う予定であります。

|

« 移籍情報 | トップページ | ノヴォトニー、ディナモを退団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/13378914

この記事へのトラックバック一覧です: シムニッチ、チェルシーに移籍か:

« 移籍情報 | トップページ | ノヴォトニー、ディナモを退団 »