« 御挨拶 | トップページ | シムニッチ、チェルシーに移籍か »

2007年1月 5日 (金)

移籍情報

Rukavina_2クロアチア・リーグの2006/07シーズン前半で最も注目を集めたシベニクの若手FWアンテ・ルカビナ(20)が4日、ハイドゥク・スプリトへ移籍を発表。4年契約を結びました。新たな背番号は21となります。ただし直ぐの移籍にはシベニクが難色を示し、今季いっぱいはシベニクに残留することでひとまず両チームが合意しています。
グルギッチ会長との握手で満面の笑顔をみせたルカビナは
「私はハイドゥクのファンだし、ハイドゥクを選んだことに私は幸せで満足している。もし1年前にこのような移籍を実現するなんて私に誰かが言ったならば、私はその人間を決して信用しなかったことだろう。けれど、移籍は実現した。期待に応えられるよう、そしてこのような歓迎に報いるよう努力するつもりだ。」
とコメントしております。
(写真はNogometni magazinより)

ACミランのダリオ・シミッチの実弟で、クロアチア代表歴もあるFWヨシップ・シミッチ(29)が4日、ヴァルテクス・ヴァラジディンと2009年6月までの契約を結びました。ディナモを振り出しに、クラブ・ブルージュ、アリス・テッサロニキ(ギリシャ)、蔚山現代、ケルンテン(オーストリア)とプレーしてきたシミッチは、今季前半は怪我もあって所属クラブが決められずにいました。
またヴァルテクスはリエーセ(ベルギー)でプレーしていたMFゴラン・ムヤノヴィッチ(23)と2009年12月まで契約を結びました。ムヤノヴィッチは自由契約選手で、彼にとっては一年半ぶりのヴァルテクスへの帰還となります。
また元U-21代表のストッパー、マリオ・ルチッチ(25)もこの春からヴァルテクスでプレーします。彼は2006年1月にディナモを戦力外となり、ヴァルテクスを経て6月にイスラエルのブネイ・イェフダに移籍。しかし直ぐに退団することに決めてヴァルテクスと再契約したものの、UEFAの指示もあってプレーの許可がおりませんでした。

リエカはジェフユナイテッド千葉を退団した元オーストリア代表FWマリオ・ハース(32)に関心を示しております。3日、ディレクターのコリャニン氏はザルツブルクにてハースと2時間に渡る話合いを行いました。ハースはリエカでプレーすることに関心を示しており、後はハースのジェフでのプレーが収録されたDVDを手渡されたブラチュン監督が分析した上で、獲得するかを決めるそうです。
コーチ歴もあるコリャニン氏はインタビューで
「ハースのことは私がザルツブルクで働いていた頃からよく知っている。シュトゥルム・グラーツではオシムの下で19歳でスタートし、日本でも2人の協力関係は続いた。スピードもあって力強いフォワードだ。常に動き、ゴールゲッターとして高いレベルにある。この冬の移籍時期であのようなクオリティを持った若いフォワードは間違いなく獲得できないだろう。繰り返すが、ハースはリエカにとって大きな補強になる。私が保証する。」
とコメントしています。

ディナモ・ザグレブは2日、シベニクのDFゴードン・シルデンフェルト(21)を獲得、5年契約を結びました。シベニクでルカビナと並ぶ注目の若手選手としてハイドゥクなども獲得を狙っていたものの、シルデンフェルトは子供の頃から応援していたディナモを選びました。背番号は33。ディフェンダーのバックアッパーが少ないディナモにとっては、将来性も期待されるシルデンフェルトの獲得はかなり重要です。
ちなみにこのシルデンフェルトはシベニク生まれのクロアチア人ですが、名字はいかにもゲルマン系。彼の父親はスロベニア人であり、祖父がスロベニアのドイツ移民ということで、クロアチアでは風変わりな名前を持っています。

クロアチア代表MFダリヨ・スルナ(24)がこの冬の移籍期間にシャフタール・ドネツクを離れ、フランスのパリ・サンジェルマンに移籍する可能性が出てきました。
正式なオファーは今週末までに届くとされ、シャフタールとは1年半の契約を残して移籍金600万ユーロで退団するかもと報道されています。ただし、移籍を決めるのはシャフタールのアフメット会長次第だとされています。

|

« 御挨拶 | トップページ | シムニッチ、チェルシーに移籍か »

コメント

長束さん、ご無沙汰してしまいました。
ハースの件、オーストリアサイトでもチラッと出てましたが
詳細を教えてくださってありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: bella | 2007年1月 5日 (金) 17時36分

長束様、皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

クロアチア選手の移籍情報を見るのがいつも、とても楽しみです。
イングランドに勝利したことでクロアチア人選手への評価も少し持ち直したみたいですね。個人的にはドンドン国外へ出て行ってもらい、代表チームに力を還元してほしいです。ドイツワールドカップで味わった悔しさをばねに厳しいユーロ予選突破目指して頑張って欲しいです。これからも応援していきます。
また、代表には惜しくも外れているベテラン選手などには日本に移籍してもらって、直にプレーを生でみたいですね。今年は誰か来ないかと楽しみにしています。今は広島にダバッツがいますが。ゼキッチ、ムサ、ムムレク、アギッチ、トキッチ、バジナ、ミリノヴィッチなどは日本に来る可能性がないことはないと思いますが。
あと、トミスラヴ・ルカビナはどうしているんでしょうか?良い選手だっただけに気になりました。
新年早々、長文ですいません。(笑)

投稿: ボクシッチ | 2007年1月 6日 (土) 00時17分

>bellaさん、ボクシッチさん
こちらも宜しくお願いします。

ルカビナはいまだに所属クラブがないようですね。オシエクに入るという話もあったのですが、結局はなくなってしまいました。
昨年末の伝統的なフットサル大会"Kutija sivica"には出場していたようです。先日、98年頃のチャンピオンズリーグ「アヤックスvs.ディナモ」のビデオを見てたら、実況で今は亡き富樫さんがルカビナをベタ褒めしておりました。

投稿: 長束恭行 | 2007年1月 6日 (土) 20時32分

長束さん、お忙しいところ質問に答えて頂きましてありがとうございます。
トミスラフ・ルカビナのプレーを日本で見たいです。実績はある選手だけに何とか…願望です笑(^o^;)

投稿: ボクシッチ | 2007年1月 6日 (土) 23時19分

いきなりすいませんが、クラスニッチは移籍するのですか?

投稿: ボバン | 2007年1月 7日 (日) 18時19分

クラスニッチは6月30日でヴェルダー・ブレーメンと契約が切れ、本人も契約更新の意思がないため、チームではベンチを温める状況になっています。
つい最近ではオリンピアコスが獲得を考えていたと報じられましたが、クラスニッチのレベルならば上のクラスのチームに移籍することでしょう。クラスニッチは12月上旬のインタビューで、「2007年6月30日まで100%私はチームに留まる」とコメントしています。それから自由選手としての新たなクラブを行くことになりそうです。

投稿: 長束恭行 | 2007年1月 8日 (月) 01時35分

あのジェフがアンタルヤのキャンプに行ったときに練習に参加したりする外国籍選ってまだわかりませんかね?

投稿: ハム | 2007年1月17日 (水) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/13339477

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍情報:

» 手作りフェルトの情報サイト [手作りフェルトのサイト]
あなたも手作りフェルトを始めませんか?楽しい作り方や型紙も色々と・・・ [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 00時49分

« 御挨拶 | トップページ | シムニッチ、チェルシーに移籍か »