« ディナモvs.ジェフユナイテッド戦直前情報 | トップページ | ジヴコヴィッチ、代表復帰 »

2007年2月 5日 (月)

ディナモ、ジェフに4-2で勝利

4日、ディナモ・ザグレブが合宿を張るトルコのベレクという街にて、ディナモvs.ジェフユナイテッド千葉の練習試合が行われました。昨年は4-0でディナモが勝利したカードですが、今年も4-2とディナモが勝利しました。

Dinamochiba前半はディナモが規律に優れたプレーをみせます。35分に右サイドバックのチョルルカがボールを持ったままオーバーラップをし、2人の選手を突破してペナルティエリアを突進。最後は12mの距離から斜めにシュートを決めてディナモが先制します。
その5分後、ディナモは"ビリヤード"のような正確なアクションで追加点を奪います。サミールとトミッチ(写真中央)が早いパス交換から最後はモドリッチに繋ぎ、14mの距離から正確なシュートをモドリッチが突き刺して、2-0とリードを広げます。
前半にジェフは21分、カウンターから羽生が決定機からシュート、その2分後には水野が12mの距離からシュートを放ちますが、ともにポストを逸れてしまい得点に結びつきませんでした。

予告通り、ディナモは後半から代表の3選手(エドゥアルド、モドリッチ、チョルルカ)を外し、GKをトゥリーナにします。ディナモは51分、トミッチがドリブルでマーカーを外し、コーナー付近まで突破したあとマイナス方向へ折り返すと、タディッチが6mの距離から確実にシュートを決めて3-0と更にリードを広げます。
ジェフもその直後の攻撃で、水野からパスを受けた山岸がシュートを決めて1点を取り返します。その後は途中交替のヴグリネツが一人でゴール前まで行くも、シュートは岡本が好セーブ。続くイェルテツもチャンスを逃しました。
試合の終盤はジェフがペースを握り、ジェフ攻撃陣が何度もディナモ守備陣をパニックに陥れます。一度はゴールラインでマミッチがシュートをクリアする場面もありました。73分、途中交替の朴がディナモのディフェンダーの足が止まったところを利用してミドルシュートを決め、1点差まで追い詰めます。
しかしディナモは77分、ヴグリネツが25mのミドルシュートを決めて4-2と勝利を確実なものとしました。

試合後、ディナモのイヴァンコヴィッチ監督は
「試合は有益なもので、試合の大部分においてチームの戦いぶりに喜んでいる。4点しか取れなかったが、もっとゴールを奪うことができた。残念ながら、二度に渡って相手が小さなチャンスから得点に結び付けたことで、ある程度印象を悪くしてしまったよ。この試合が終わって、私が描くスターティングメンバーの構想がはっきりとした。しかし、まだスターティングメンバーを口にしたくはない」
とコメントしています。

ジェフユナイテッド千葉 4:2 (前半 2:0)
開催:スポーツセンター・リクソス(ベレク/トルコ)
観客:100人  審判:マヌール(アンタルヤ)

得点:
1:0 35' チョルルカ
2:0 41' モドリッチ
3:0 53' タディッチ
3:1 55' 山岸
3:2 74' 朴
4:2 77' ヴグリネツ

ディナモ・ザグレブ:
GKロンチャリッチ(46' トゥリーナ)-DFチョルルカ(46' ミキッチ)、ドルピッチ、シルデンフェルト、カルロス(46' チャレ)-MFトミッチ(81' ハヴォイッチ)、ヴコイェヴィッチ(63' マミッチ)-モドリッチ(46' イェルテツ)、サミール(58' ポクリヴァッチ)、エドゥアルド(46' ヴグリネツ)-FWタディッチ(69' パンデフ)

ジェフユナイテッド千葉:
GK岡本-DFストヤノフ、水本、斎藤-MF水野、佐藤、下村(55' 中島)、山岸、羽生(68' 新居)、工藤(55' 朴)-FW黒部(77' 楽山)

(ニュースソース、写真はJutranji-listより)

|

« ディナモvs.ジェフユナイテッド戦直前情報 | トップページ | ジヴコヴィッチ、代表復帰 »

コメント

JEFサポです。
現地でしか得られない貴重な情報をありがとうございます。
これからも楽しみにさせていただきます。

投稿: sincity | 2007年2月 5日 (月) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119316/13793870

この記事へのトラックバック一覧です: ディナモ、ジェフに4-2で勝利:

« ディナモvs.ジェフユナイテッド戦直前情報 | トップページ | ジヴコヴィッチ、代表復帰 »