« チョルルカ、マンチェスター・シティに正式移籍 | トップページ | ディナモはヴェルダー・ブレーメン、ハイドゥクはサンプドリアと対戦 »

2007年8月 3日 (金)

UEFAカップ予備戦一回戦/ハイドゥク、ベルーポ共に通過

2日、UEFAカップ予備戦一回戦の第2戦が行われました。

初戦はアウェーで「1-1」というまずまずの結果で終えたハイドゥク・スプリトは、ホームにブドゥチノスト(モンテネグロ)を迎えての第2戦。両国が90年代に戦争した関係であることと、先のリーグ戦の対インテル・ザプレシッチで7ゴールを決めて快勝しただけに、この試合における注目度は格段に高く、ポリュウド・スタディオンは3万人の観客で満員となりました。

第1戦では選手登録から漏れていたMFガブリッチが出場していたことから、最悪は「0-3で負け」というペナルティを食らう可能性がありますが(ひとまずは罰金で済む模様)、8月7日のUEFAの最終判断待ちとはいえ、この試合ではガブリッチは起用できず。ハイドゥクの布陣は先のインテル戦と同じです(4-3-1-2)。
GKバリッチ-(右から)DFペライッチ、パンジャ、ジヴコヴィッチ、フルゴヴィッチ-MFアンドリッチ、ダムヤノヴィッチ、ルビール-チェルナト-FWカリニッチ、ルカビナ
一方のブドゥチノストは、ワントップだけが替わった以下の布陣でした(4-2-3-1)。
GKヴヤディノヴィッチ-DFラキッチ、ヴクチェヴィッチ、ペリシッチ、ヴコヴィッチ-MFライチェヴィッチ、ヴラホヴィッチ-ヂュリシッチ、ムゴシャ、デリッチ-FWミリッチ

Scernat 試合はトルツィダ(ハイドゥク・サポーター)の後押しを受けて、ハイドゥクが押し込みます。ただし、ブドゥチノストがゴール前を固めたことで、俊足のカリニッチやルカビナが活きるようなスペースがなく、足元にパスを繋ぐだけでシュートチャンスがなかなか生まれません。トルツィダもお約束通り、発炎筒をピッチへと投げ込み、試合がしばし中断となります。
25分、空中のボールに競り勝ったカリニッチがペナルティエリア手前からシュートを放ちますが、GKの正面。また31分にはチェルナト(写真)から左のルカビナへボールが渡り、ルカビナがエリア内でドリブルでDF陣を引きつけてからチェルナトへ。しかし、チェルナトのシュートの弾道はGKの頭上だったため、パンチングで逃れられます。
34分、エリア手前でチェルナトが直接FKを放ち、ボールは一度は壁に弾かれるものの、再びチェルナトがシュート。ボールはネットをゆらしますが、線審にオフサイドを取られてしまいます。

Sdamjanovic けれども後半開始48分、左のショートコーナーからチェルナトがファーサイドにクロスを放り込むと、ボール目掛けて突進したダムヤノヴィッチ(写真)がヘディングで叩き込み、ハイドゥクが先制に成功します。ボスニア代表MFであるダムヤノヴィッチは、ドイツで行われた夏のキャンプでビザがおりずに入国できず、まったくキャンプに参加できなかったのですが、大事な試合で起用されて貴重なゴールを挙げました。
トータルスコアでも優位に立ったハイドゥクは54分にはカリニッチ、62分にはルカビナのシュートを弾いたところをカリニッチが決められず。
ブドゥチノストも68分、ペナルティエリアでのこぼれ球をシュチェパノヴィッチがほぼフリーでシュートを放つものの、ボールはポストの左を逸れていきます。
その後はハイドゥクがチャンスを潰すシーンのオンパレード。72分にはカリニッチとルビール、75分にはルカビナ、83分にはバルトロヴィッチ、87分にはアンドリッチ、90分にはルカビナが決められるシュートを決められずに終わります。21本のシュート(枠内11本)を放ちながら1点しか取れないハイドゥクでありましたが、それでも一回戦通過をしっかりと決めております。
(写真はSport-netより)

クロアチアからはもう一チーム、スラヴェン・ベルーポがUEFAカップに参加。初戦のホームでは相手選手の早い退場もあって「6-2」でテウタ(アルバニア)を一蹴。とはいえ、ユルチッチ監督は第2戦のアウェーでも、怪我人を除けばベストメンバーで挑みました。
ベルーポが主導権を握ったとはいえ、前半のロスタイムにヴィラのアシストを受けたクリが決めてテウタが先制に成功します。ベルーポは65分、途中交替で入った19歳のMFヤヤロを基点に、ボールはFWヴルチナからFWクレシンゲルへ。そのクレシンゲルが同点ゴールを決めます。
更にその5分後、DFクリスティッチのロングボールを受けたヴルチナがドリブルからそのまま決めて逆転に成功。
しかし、テウタも75分、オフサイドポジションながら再びクリがゴールを決めて2-2に。トータルスコア8-4で、ベルーポが予備戦二回戦へと駒を進めています。

|

« チョルルカ、マンチェスター・シティに正式移籍 | トップページ | ディナモはヴェルダー・ブレーメン、ハイドゥクはサンプドリアと対戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チョルルカ、マンチェスター・シティに正式移籍 | トップページ | ディナモはヴェルダー・ブレーメン、ハイドゥクはサンプドリアと対戦 »