« UEFAカップ予備戦、クロアチアの二クラブが敗退 | トップページ | エドゥアルドの2ゴールでエストニアを一蹴/EURO2008予選 »

2007年9月 4日 (火)

クロアチア・リーグ第7節

9月1日・2日にクロアチア・リーグ第7節が行われました。

Ssmodric_i_bbb 首位ディナモ・ザグレブはアウェーでNKザグレブと対戦。
ブラジェヴィッチvs.イヴァンコヴィッチの師弟対決、ブラジェヴィッチvs.マミッチ副会長の恨み合い、FWマンジュキッチにとっては初めて古巣と対戦など、様々な因縁がある「ザグレブ・ダービー」でありますが、ディナモがヴェルダー戦で疲れが顕著とはいえ、両者の実力差が現れた試合でした。とりわけ、ザグレブはエースのFWロヴレクが出場停止の上、ラブドヴィッチ(出場停止)とイヴァンコヴィッチ(怪我)の二人のDFも欠場。本来は攻撃的MFのイブリチッチをDFとして起用するという厳しい台所事情をあらわにしました。
試合開始がゲームを支配するディナモは、14分にグエラとのワンツーで抜けたモドリッチが完璧な右クロスを上げ、それにマンジュキッチ(写真左)がヘディングで合わせて先制に成功します。
Ssprvi_gol_mandzkica その1分後にはオーバーラップしてボールをもらったポクリヴァチュがミドルシュート。GKストイキッチは左手で止めたものの、ボールを右手で掻いてしまい、そのままネットにボールが吸い込まれてオウンゴール。スコアが2-0と広がります。
この2点で気が抜けたディナモに対し、ザグレブが襲い掛かります。19分、GKロンチャリッチがシュートを弾いたところをブルクリャチャが押し込みますが、オフサイドの判定。25分にもロンチャリッチがファンブルしたところをグルギッチが押し込もうとしますが、今度はクロスバーに嫌われます。
ディナモは43分、モドリッチが左足からのピンポイントでペナルティエリアに侵入するロングパスをマンジュキッチに通すと、マンジュキッチは右足で対角線にシュートを決めて更にリードを広げます。
とはいえ、ザグレブも前半終了間際にムイジャの左クロスにファーポストのライトマンが合わせて3-1とします。
後半頭から疲れのみえるモドリッチに代えてヴグリネツを入れますが、ディナモはそれによってテンポを失います。ザグレブは60分にグルギッチ、ディナモは61分にバラバンがシュートチャンスを迎えますが、それぞれのGKが好反応をみせてゴールにならず。試合はそのまま3-1で終了。ディナモは開幕7連勝を果たしています。

2位リエカは最下位のヴァルテクス・ヴァラジディンとアウェーで対戦。
Ssjertec ここ数年はユース選手を次々と育てることで、ディナモとハイドゥクに次ぐ三番手グループに位置していたヴァルテクスですが、今季は開幕スタートに失敗。クジェ監督は早々と去り、新たにベセク監督を迎えたものの、未だに一勝どころか全試合に負けております。昨季までヴァルテクスを指揮していたダリッチ、ヴァルテクスの主将だったMFシャファリッチ、またヴァルテクス・ユース育ちでこのほどディナモからレンタルされたMFイェルテツ(写真)が、古巣を相手にして初めて指揮・出場しました。
36分、本来のモビリティを発揮したイェルテツが右サイドのブーレへと繋ぐと、ブーレはきっちりゴール正面へ走り込んだシュコーロに繋ぎ、ヘディングシュートでリエカが先制します。
57分にはイェルテツのクロスにブーレがヘディングシュートを決めて2-0。ヴァルテクスは終了間際にブレゾヴェッツのミドルシュートを1点返したものの、7連敗が決定。リエカは5勝2分の勝点17で、独走態勢のディナモを追っています。

日曜日には1試合だけ、UEFAカップ予備戦二回戦を共に敗れたスラヴェン・ベルーポとハイドゥク・スプリトが対戦しました。3日前にアウェーで試合をこなした両チームは肉体的・精神的な疲労が顕著で、TV放映されたとはいえ、好カードの割には見るべきもが少ない試合でありました。
Sskristic 先制したのはアウェーのハイドゥク。5分にツェルナトがヘディングで前方に何でもないボールを押し込んだところ、クリアすべきDFクリスティッチがバランスを崩し、ボールはルカビナにかっさられ、そのままゴール左上にシュートを決められます。
しかし、その3分後、名誉挽回とすべく、クリスティッチがショートコーナーからのヴルチーナのクロスに上手く足を合わせ、スラヴェンが同点に追いつきます。
更に40分、ヴルチーナが左25mの位置から低い弾道の直接FKを蹴り込み、ボールは誰にも触れることなく、ネット右隅へと突き刺さり、スラヴェンが逆転に成功します。
後半もお互いがチャンスを作れないお粗末な試合展開だったわけですが、76分、2分前に交替でピッチに送られ、これがプロデビュー戦となるハイドゥクのMFオレムシュ(18)が、相手のボールに詰めてインターセプトすると、最後はルカビナからアシストを受けて角度のないところから同点シュートを決めます。試合は2-2のドロー。お互い勝点13に留まり、昇格組のザダールに追い抜かれ、スラヴェンとハイドゥクはそれぞれ4位・5位に甘んじています。

全試合の結果はこちら。

Cibalia Vinkovci - Sibenik 3:3
1:0  5' Keric
1:1  9' Zec
1:2 27' Zec
2:2 37' Husic
3:2 75' Medvid
3:3 79' Vitaic

Medimurje - Zadar 2:4
0:1  8' Tomasov
0:2 11' Zupan
1:2 15' Milardovic
1:3 44' Surac
2:3 75' Saranovic
2:4 89' Stefancic

Zagreb - Dinamo Zagreb 1:3
0:1 14' Mandzukic
0:2 15' Stojkic (OG)
0:3 43' Mandzukic
1:3 45' Lajtman

Osijek - Inter Zapresic 1:0
1:0 89' Starcevic (OG)

Varteks Varazdin - Rijeka 1:2
0:1 37' Skoro
0:2 57' Bule
1:2 89' Brezovec

Slaven Belupo - Hajduk Split 2:2
0:1  5' Rukavina
1:1  8' Kristic
2:1 40' Vrucina
2:2 78' Oremus

【順位】
1位…ディナモ・ザグレブ(勝点21)、2位…リエカ(17)、3位…ザダール(14)、4位…スラヴェン・ベルーポ(13)、5位…ハイドゥク・スプリト(13)、6位…オシエク(10)、7位…ザグレブ(8)、8位…シベニク(7)、9位…チバリア・ヴィンコヴチ(5)、10位…メヂムリエ(4)、11位…インテル・ザプレシッチ(4)、12位…ヴァルテクス・ヴァラジディン(0)

【得点】
6ゴール…モドリッチ(ディナモ)、シャラノヴィッチ(メヂムリエ)、マンジュキッチ(ディナモ)
5ゴール…テルケズ(ザダール)、ロヴレク(ザグレブ)、ゼッツ(シベニク)
4ゴール…ルカビナ(ハイドゥク)、カリニッチ(ハイドゥク)、ヂャロヴィッチ(リエカ)、ジュパン(ザダール)

【アシスト】
4アシスト…ジュパン(ザダール)
3アシスト…シャルビーニ(リエカ)、マンジュキッチ(ディナモ)、ムムレク(ヴァルテクス)、モドリッチ(ディナモ)、ブーレ(リエカ)、ツェルナト(ハイドゥク)

|

« UEFAカップ予備戦、クロアチアの二クラブが敗退 | トップページ | エドゥアルドの2ゴールでエストニアを一蹴/EURO2008予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UEFAカップ予備戦、クロアチアの二クラブが敗退 | トップページ | エドゥアルドの2ゴールでエストニアを一蹴/EURO2008予選 »