« クロアチア・リーグ第8節/ディナモ連勝ストップ、ハイドゥク会長辞任 | トップページ | クロアチア・リーグ第10節/ディナモ、2位リエカに1点差の勝利 »

2007年9月27日 (木)

クロアチア・カップ/続くディナモの不振

25日と26日、クロアチア・カップが行われ、ベスト16を掛けての戦いが行われました。この試合からクロアチア一部リーグのクラブが加わるわけですが、基本はアウェーでの一発勝負となります。

ヴァルテクスに敗れてリーグ連勝記録がストップした失意のディナモ・ザグレブは、三部リーグのヴィロヴィティツァと対戦。ヴィロヴィティツァはかつて「ムラドスト127」という名前で一部リーグにも参戦していたのですが(三浦和良のディナモ・デビュー戦の相手)、チームは破産に追い込まれ、現在は地元の名前を取ってNKヴィロヴィティツァと呼ばれています。
何人かの主力選手は外れたとはいえ、名が知れた選手ばかりが出場したディナモですが、ショックを引きずったのがありありで、三部相手でもピリッとしません。
前半にGKロンチャリッチが相手選手と交錯し、膝を負傷して退場。その後は第3GKのケラヴァがゴールを守ります。後半48分、ブリャトのCKからバラバンのヘディングシュートでようやくディナモが先制しますが、55分にヴァツラヴェクがミドルシュートを決めて同点に追いつかれます。
Sivankovic 埒が開かないディナモは、63分に休ませるはずのモドリッチを投入。チャンスを作り出すものの、75分にチャレがシュートをポストに当て、終了間際にはチャゴがミドルシュートを同じくポストに当てます。
とうとう後半に突入しましたが、96分に右CKからバラバンが、107分にはマンジュキッチがボレーシュートを決めて3-1と突き放し、危うく勝利を収めました。
この試合の会見後、イヴァンコヴィッチ監督(写真)は
「監督の中には、解雇されてしまった人物と、解雇されてしまう人物という二種が存在するが、私に関していえば解雇されることは間違いなくない。もし私が問題というならば、自分から話し合って去るつもりだ。」
と語りました。これから9日間でリエカ戦、アヤックス戦、ハイドゥク戦と厳しい戦いが続くだけに、イヴァンコヴィッチ監督にはイバラの道が待ち構えています。

グルギッチ会長辞任でチームが揺れているハイドゥク・スプリトは4部のムラドスト・モルヴェとアウェーで対戦。
走らない司令塔として批判を浴びているルーマニア人MFツェルナトをベンチに置き、20歳のFWマカリンを左アウトサイド、ラトビア代表FWヴェルパコヴスキスを右アウトサイドのMFに置いた4-4-2システムを採用。
前半でカリニッチがハットトリックを達成し、マカリンは前半と後半それぞれ2ゴールを決める活躍で9-0にて圧勝しています。

全試合の結果はこちら。順調に一部リーグのクラブが勝ち進む中、二部セゲスタに敗れたザダールと一部対決となったメヂムリエが敗退しています。

Virovitica - Dinamo Zagreb 1:3
Mladost Molve - Hajduk Split 1:9
Slavonac - Slaven Belupo 0:1
Dakovo - Kamen Ingrad 2:1
Medimurje - Sibenik 2:2 (PK 4:5)
Zelina - Rijeka 0:4
Trogir - Varteks 1:2
Ogulin - Osijek 2:3
Oriolik - Cibalia Vinkovci 1:4
Granicar - Zagreb 1:3
Slavonija - Pomorac 1:4
Croatia Sesvete - HASK 2:0
Segesta - Zadar 1:0
(太文字が勝ち抜け)

27日、クロアチア代表監督のスラヴェン・ビリッチは、欧州選手権予選のイスラエル戦(10月13日・ザグレブ)と親善試合のスロバキア戦(10月17日・リエカ)に出場するクロアチア代表メンバー23名を発表しました。
パルマ所属のFWイゴール・ブダンが怪我が完治せずに外れた以外は前回と同じメンバー。ただ、ディナモのMFオグニェン・ヴコイェヴィッチが今回は追加召集ではなく、最初から選ばれております。ただし、FWムラデン・ペトリッチ、MFニコ・コヴァチは所属クラブでそれぞれ怪我しており、メンバーから外れる可能性も出ております。全メンバーは以下の通りです。

GK:
スティペ・プレティコサ (スパルタク・モスクワ)
ヴェドラン・ルニェ    (ランス)
マリオ・ガリノヴィッチ  (パナシナイコス)
DF:
ダリオ・シミッチ      (ACミラン)
ロベルト・コヴァチ    (ボルシア・ドルトムント)
ヨシップ・シムニッチ   (ヘルタ・ベルリン)
ヴェドラン・チョルルカ  (マンチェスター・シティ)
ダリオ・クネジェヴィッチ (リボルノ)
ディノ・ドゥルピッチ      (ディナモ・ザグレブ)
MF:
ニコ・コヴァチ          (レッドブル・ザルツブルク)
ダリヨ・スルナ        (シャフタール・ドネツク)
マルコ・バビッチ      (レアル・ベティス)
イェルコ・レコ           (ASモナコ)
ニコ・クラニチャール   (ポーツマス)
ユーリツァ・ヴラニェシュ (ヴェルダー・ブレーメン)
ルカ・モドリッチ        (ディナモ・ザグレブ)
ダニエル・プラニッチ   (ヘーレンフェーン)
イヴァン・ラキティッチ    (シャルケ04)
オグニェン・ヴコイェヴィッチ (ディナモ・ザグレブ)
FW:
ボシュコ・バラバン     (ディナモ・ザグレブ)
ムラデン・ペトリッチ    (ボルシア・ドルトムント)
イヴィツァ・オリッチ      (ハンブルガーSV)
エドゥアルド・ダ・シルヴァ (アーセナル)

|

« クロアチア・リーグ第8節/ディナモ連勝ストップ、ハイドゥク会長辞任 | トップページ | クロアチア・リーグ第10節/ディナモ、2位リエカに1点差の勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロアチア・リーグ第8節/ディナモ連勝ストップ、ハイドゥク会長辞任 | トップページ | クロアチア・リーグ第10節/ディナモ、2位リエカに1点差の勝利 »