« クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 | トップページ | クロアチア、またしてもイングランドと/ワールドカップ2010年欧州予選 »

2007年11月25日 (日)

クラスニッチ、ブンデス復帰/モドリッチ、チェルシー移籍決定?

ヴェルダー・ブレーメン所属の元代表FWイヴァン・クラスニッチ(27・写真)が、腎臓移植を乗り越えて342日ぶりにブンデス・リーガに出場しました。24日、エネルギー・コットブス戦に先発出場したクラスニッチは64分まで出場。得点に絡まなかったとはいえ、4本のシュートを放っており、試合は2-0でヴェルダーが勝利しています。
Klasnic 腎臓疾患が発見されたクラスニッチは今年1月下旬、母親の腎臓を移植したものの拒否反応を示したために失敗。しかし、3月中旬に弟の腎臓を移植して手術は成功。その後は長いリハビリ生活を送っていました。9月に医療チームからトレーニングの参加を認められると、10月25日にヴェルダーのセカンドチームの練習試合で初めて試合に出場。30日にはセカンドチームでドイツカップのザンクト・パウリ戦に出場していました。
試合後、クラスニッチは
「まるで生まれ変わったかのような最高の気分だ。今の気分を言葉で表現しようにも、何を言っても陳腐になるだけだろう。ほぼ一年前が僕にとっての最後の試合だった。この試合は僕にとって決定的なサッカー界への帰還だ。幸運に終わりはないよ。
このために僕は骨身を惜しまない努力をしてきた。サッカー界に戻れるものだと妥協なしに信じてきた。今はそれに成功したと言える。僕がサッカーを続けるためのモチベーションを内に秘めていることをシャーフ監督は知っていた。信じてくれた皆に感謝したい。世界でもっとも幸せな人間だと思っている。再びプロサッカー選手になったし、楽観的に将来を考える権利が自分にはあると見ているよ。
もちろん、クロアチア代表が欧州選手権予選を圧倒的に戦ったことは嬉しく思っている。この先何ヶ月間の調子にはよるだろうが、代表メンバーに入ることを期待しているよ。」
とコメントしています。

Modric3_3 25日、国内のスポーツ紙「スポルツケ・ノヴォスティ」が確実な筋からの情報として、ディナモ・ザグレブはルカ・モドリッチ(22・写真)の移籍に関してチェルシーと既に2008年1月の移籍に事前合意していると書きました。移籍金は2200万ユーロ(約35億円)とされています。これは今年のDFヴェドラン・チョルルカのマンチェスター・シティ移籍(1300万ユーロ)を越えるクロアチア史上最高の移籍金とされます。
土曜日の国内リーグ、メヂムリエ戦では大事を取って客席から観戦したモドリッチは、"チェルシーでプレーしたいか?"との質問に
「その質問は何なのだい? もちろん、チェルシーでプレーしてみたいよ。あのようなビッグクラブで誰がプレーしたくないというのかね。世界的なクラブだけに、あのユニフォームが着られるのならば素晴らしいね。」
と答えています。ちなみにディナモは23日、モドリッチに関する移籍交渉は2008年1月まで凍結すると述べており、事前合意したことはまだ認めていません。ただ、合意はしなかったとはいえマミッチ副会長はアブラモヴィッチ会長と接触したことを認めていますし、グラント監督はマケドニア戦とイングランド戦を視察、またアシスタントコーチのテン・カーテはアヤックスの監督として、実際にモドリッチと対戦しています。

それと関連するかのように、ディナモは元代表のMF/DFイゴール・ビシュツァン(29・写真)とこの冬に契約する可能性が高くなってきました。Biscanディナモから2001年にリバプールに移籍し、2005年にパナシナイコスに移籍した彼ですが、最後の契約年といった昨シーズンが終わると同時に理由を告げないまま、サッカー界から身を引いてしまいました。
既にディナモのコンディショニングコーチのもとスポーツジムで体力作りをしているそうで、来週辺りから契約の話合いが持たれるようです。ディナモにはユース時代からの親友であるFWトミスラフ・ショコタとMF/DFミハエル・ミキッチが戻ってきており、ビシュツァンが戻る可能性は低くないと見られています。
またディナモは代表に選出されているMFオグニェン・ヴコイェヴィッチ(24)と2013年までの契約延長を結び、更にFW/MFマリオ・マンジュキッチとも2012年までの契約延長を結ぶ予定です。

|

« クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 | トップページ | クロアチア、またしてもイングランドと/ワールドカップ2010年欧州予選 »

コメント

クラスニッチの復帰は本当に嬉しい限りです。最悪のケースを避けただけでなく、トップチームに復帰して良いプレーをしたと言うことは、もちろん代表復帰もこの先のプレーによっては十分有り得ますね(^-^)


モドリッチはこの冬が売り時なのは間違いないと思います。もはや国内でプレーすべき選手ではないですし、

クロアチアに出現した久しぶりのワールドクラスのタレントになれる選手だと思っています。ディナモには悪いですが…笑

投稿: ボクシッチ | 2007年11月26日 (月) 03時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 | トップページ | クロアチア、またしてもイングランドと/ワールドカップ2010年欧州予選 »