« クロアチア、マケドニアに敗れるもユーロ本大会出場決定 | トップページ | クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 »

2007年11月21日 (水)

イングランドvs.クロアチア戦・事前情報

Simgp6917 いよいよ今夜、欧州選手権予選の最終試合となるイングランドvs.クロアチアが、サッカーの聖地「ウェンブリー」で行われます(現地時間20時キックオフ、日本時間22日5時)。

FWペトリッチがマケドニア戦後に発熱してしまい、チームには同行したものの出場は微妙。代わりにオリッチが先発し、スタメンは以下となる予定です。
GKプレティコサ-(右から)DFチョルルカ、シミッチ、コヴァチ弟、シムニッチ-MFスルナ、コヴァチ兄、モドリッチ、クラニチャール-FWオリッチ、エドゥアルド
スラヴェン・ビリッチ監督は試合前日、
「最初から分かり切った我々の目標は本大会出場であった。そのプレッシャーから逃げはしなかったし、立派な形で目標を実現したんだよ。選手たち、スタッフ、協会幹部、メディアには感謝しているし、そしてサポーターに感謝している。いつも我々を信じてサポータとてくれるサポーターがいなくては何もできなかった。この本当に素晴らしいストーリーを、最後の試合も成功という形で終わらせたい。このビッグマッチに勝利するため、持てる力の全てを出すつもりだ。イングランドが有利とはいえ、私が話していることが弾を詰めていない銃で打つようなことではないと断言しよう。」
とコメントしています。既に本大会出場を決めているとはいえ、イングランドに負けた場合は本大会でのシードのグループが3番目に落ちてしまいます。

一方のイングランドは、ロシアがイスラエルで敗北したことでいきなり本大会出場の道が見えてきました。引分け以上で本大会出場となるわけですが、FWルーニー、FWヘスキー、DFテリーが怪我で欠場の上、16日のオーストリアとの親善試合でFWオーウェンも怪我。DFファーデナンドは累積警告と厳しい状況です。
Robinsonザグレブの試合でクリアを空振りして世紀のオウンゴールを生んだGKロビンソン(写真)の代わりにカーソンの起用が濃厚。また怪我からMFハーグリーブスが復帰予定です。スティーブ・マクラーレン監督は引分けに持ち込むような守備的な戦術を敷いてくると考えられ、以下のメンバー(4-1-4-1)で挑むと予想されています。
GKカーソン-DFリチャーズ、キャンベル、レスコット、ブリッジ-MFハーグリーブス-ライト・フィリップス(ベッカム)、ジェラード、ランパード、コール-FWクラウチ

ちなみに過去の対戦成績はクロアチアの1勝1分2敗。ウェンブリーでは1996年4月に親善試合で対戦しており、結果は0-0でありました。その時にはビリッチも出場しています。

またイングランドではモドリッチ獲得レースが加熱しています。これまではアーセナルとバイエルンが濃厚とされていましたが、ここに来てチェルシーが接近。マケドニア戦にはグラント監督が訪れ、既に先週にはディナモの副会長ズドラヴコ・マミッチがアブラモヴィッチ所有のプライベート機でロンドンに渡り、彼の別荘で話合いを持ちました。まず提示されたのは彼の事前交渉権として350万ポンド、と言われていわれていますが、これにマミッチは拒否したとのこと。ちなみに移籍金は3000万ポンド(約67億円)まで跳ね上がっていると報じられています。

|

« クロアチア、マケドニアに敗れるもユーロ本大会出場決定 | トップページ | クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 »

コメント

何はともあれ、ユーロ本戦出場決定したことが大変嬉しく、喜びです。


さて注目のこの試合は日本では放送がありません。録画放送も無しです。(>_<)泣


本戦出場決定したとはいえ、クロアチア代表の選手達のモチベーションはマケドニア戦よりも高いのでは…
と。最終戦で最も注目されているカードですから、選手達にとっては大チャンスですね。


新セカンドユニフォームも見たかったです…。(^o^;)

投稿: ボクシッチ | 2007年11月22日 (木) 00時20分

テレビで観戦しましたが、途中追いつかれた時は胃が痛くなったとはいえ、痛快な試合でありました。

前半はスピードあるライト-フィリップスの右サイドのケアにシムニッチとクラニチャールが手こずっていたのに、前半終わって代えてくる辺り、マクラーレンの手腕に疑問でしたね(ベッカムからのイングランドの2点目は素晴らしかったとはいえ)。
その一方で、ペトリッチ、プラニッチ、ラキティッチと攻撃のカードを次々と切り、采配がズバリと当たったビリッチ監督はあっぱれでした。

「クロアチア人はこのような勝利で直ぐに天狗になるからな…」と、国内での盛り上がりを制するようなビリッチの試合後のコメントが彼らしいかな、と思いましたよ。

あと、25日に控える総選挙で与党HDZのキャンペーンに借り出されているニコ・コヴァチが、試合後のインタビューで「Idemo dalje!(先へと進もう)」と含み笑いしながらスローガンを口にしたのも笑えました(下がCM)。http://www.youtube.com/watch?v=U1PmDvHQBMg

ちなみに得点が上がるたびにザグレブ市内は空砲や花火の音が聞こえてきましたよ。

投稿: 長束恭行 | 2007年11月22日 (木) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロアチア、マケドニアに敗れるもユーロ本大会出場決定 | トップページ | クロアチア、ウェンブリーでイングランドに勝利/欧州選手権予選 »